| トップ | 留意事項 | 検索 | 管理 |

Apes! Not Monkeys 掲示板


[6288] 無題  Apeman - 2018/06/24(Sun) 18:34
s3731127306さん、いらっしゃいませ。SNS全盛時代によくこのレトロな
掲示板にお出でいただきました(^^;

20年近く前の講演がなんでいまごろ本になったのか知りませんが、解説が
セクハラで辞職した大澤真幸ですか……。

Teruさん

>防衛大、過半数が下級生いびり 「粗相」数え、体毛に火

この種の虐待は他国の軍隊でもしばしば問題化しますから、ホモ・ソーシャルな
組織が一般に抱える宿痾なのでしょうが、アンケート結果の隠蔽の方はいかにも
日本的ですね。

[6287] 各種「水面下」の紹介  Teru - 2018/06/23(Sat) 16:18
ETV特集「基地で働き 基地と闘う〜沖縄 上原康助の苦悩〜」
2018年6月23日(土) 午後11時00分(60分)
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/20/2259615/index.html?c=top
>アメリカ統治下、米軍基地で働かざるを得なくなった沖縄の人たち。
>その労働環境は劣悪で、さまざまな差別を受け続けてきた。
>そうした労働者たちのリーダーとなったのが、のちに沖縄県選出議員として初の大臣

>基地で働きながら、基地と闘った上原の心情が記されていた。
>上原の人生から、基地の島・沖縄の苦悩にせまる。

プレミアムカフェ ハイビジョン特集 ベルリンアンダーグラウンド
2018年6月28日(木) 午前9時00分(93分)
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3599/2325500/index.html?c=top
>地下に封印されたドイツの20世紀(初回放送:2009年)
>ナチス時代の防空壕(ごう)や東西冷戦期の核シェルター、
>下水道にも作られた「壁」など、地下に広がる“もう1つのベルリン”

防衛大、過半数が下級生いびり 「粗相」数え、体毛に火
一條優太2018年6月22日05時00分
https://www.asahi.com/articles/ASL6H5HS2L6HTIPE02Z.html
>アンケートは2014年8月、当時の在校生約1800人を対象に聞き取りなどで実施したが、
>結果は公表されなかった。
>暴行を受けた元学生が当時の上級生らと国に損害賠償を求めて福岡地裁に提訴した訴訟で、
>弁護団が学年ごとに回答結果をまとめた文書を情報公開請求で入手

>弁護団によると、「粗相ポイント制」は
>下級生が不手際をした際に加算される「ポイント」を清算するという趣旨で行われていた。
>体毛に火を付ける▽カップ麺をお湯なしで食べる▽風俗店に行って撮影――などを強いていたという。

>回答結果をまとめた文書によると、粗相ポイント制を「やったことがある」と答えたのは、
>最上級生の4年生の57%。一方で「やられた」と回答したのは学年別に26〜52%だった。
>行為への認識を聞く設問では「許されない」との回答は0〜1%にとどまった。

[6286] 無題  s3731127306 - 2018/06/21(Thu) 21:09
こんにちは。
こちらの掲示板ははじめてですね。



 あれこれと本を探していてこんな見つけました。

「誰にもわかるハイデガー」(筒井康隆)
https://www.amazon.co.jp/%E8%AA%B0%E3%81%AB%E3%82%82%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%AC%E3%83%BC-%E7%AD%92%E4%BA%95%E5%BA%B7%E9%9A%86/dp/4309248659/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1529581717&sr=8-2&keywords=%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%AC%E3%83%BC


 1990年の講演の復刊だそうで、私は内容は未読なわけですが、ホロコースト否定論並みの暴言を吐いた(しかも、とんでもなくみっともないひっこめかたをした)有名作家が”あの”ハイデガーを主題にした本を平然と出して、特に何の問題も指摘されないとは……。
 少し違いますが、これは「ギュンダー・グラスが和辻哲郎を手放しで肯定する」ようなものでしょう(※)。



※いわゆる京都学派の問題が有名なのであまり知られていませんが、西田幾多郎や和辻哲郎や田辺元も、進んで体制翼賛を行ったという指摘があります。とりあえず和辻については、以下の論文を参照。

https://ci.nii.ac.jp/naid/120001701157

[6285] 無題  Apeman - 2018/06/12(Tue) 06:30
Teruさん

>もっとも、スタジオゲストでも”当事者”役からは、
>次のコメントも。

しかしこの社会の歴史修正主義、とりわけ在日コリアンの起源に関する歴史
修正主義って、まさに移民。難民を「勝手に来ただけ」と片付けることに依
存しているわけで、それこそ「岩盤」のようなものですから。なんとかぶち
破りたいですけど。

資格趣味さん

自民党が自分たちに有利なルールを率先して変えるはずもないですからね。
護憲派も「薄く、広く」で資金調達する準備をしておかねばならないので
しょう。

[6284] 無題  資格趣味 - 2018/06/09(Sat) 10:47
この本
http://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/0931-a/
集英社新書には”当たり”が比較的多いという印象だが、これも良さげ。

安倍によれば、憲法は国の理想の形を表すものだそうだが(疑惑まみれ嘘まみれを選挙制度弄りで作り上げた多数で黙らせる理想って何なんだ)、自民党が動かせる程度の金銭規模であらゆるメディアの広告を改憲で塗り潰すことが現実に可能であるという論証は重要。 「困ったときの吉永小百合だのみ」という言葉に耳が痛い運動家は多いだろう。

となると、本書とは特に直接の関係はないが、国民投票や住民投票に関してのオピニオンリーダーともいうべき今井一氏がナイーブにも唱える国民投票の価値(護憲派は、自らの護憲論が正しいという自信があるのなら積極的に国民投票に対応すべき云々)が、既にして毀損されていることになる。「地獄への道は善意で舗装されている」の典型かもしれない。

[6283] 無題  Teru - 2018/06/08(Fri) 12:10
これか・・・
まるで経済と「政治」が無縁であったり、
日本の入管が「受け入れるべき難民の申請手続き」に積極的であるかのよう。

「生存権」より、運転資金の様な”奴隷”なら欲しいという欲求に従った、
誤った筋立てを放送で広めたようですね。

2018年6月6日(水)
自称“難民”が急増!? 超人手不足でいま何が…?
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4142/

もっとも、スタジオゲストでも”当事者”役からは、
次のコメントも。

「中東の若者にとっては、自分の国で働くすべがなかったりとか、
自分の家族を養うためには明日がないわけですよね。
その明日を見いだすために働かなければいけない。
そういう彼らが最終的に頼ってしまうのは悪質なブローカーだったりするので、
その彼らにとっても、ほかの道筋がないわけですよね。
そういう思いをしないために、何か別の制度を作ってあげてほしいなと。」

放映直後に、政府が
「農業、介護、建設、宿泊、造船の5業種が想定」されるという、
経済界への”合法化”政策を打ち出した筋書きと、
呼応していますね・・・

2018年6月6日 / 16:19
アングル:外国人労働者50万人増へ、深刻化する人手不足 政府の背中押す
https://jp.reuters.com/article/japan-foreign-workers-idJPKCN1J20OL

[6282] 無題  Apeman - 2018/06/08(Fri) 09:01
Teru さん

>後者など、スマホ広告で「漫画」ネタにされがちな”怖いもの見たさ”な扱いをいかに脱して、

クロ現が難民問題でやらかしましたね。

[6281] 「小屋に監禁」という部分に留まらず・・・  Teru - 2018/06/03(Sun) 10:14
ハートネットTV 闇に埋もれた真実は(1)「私も不妊手術を受けさせられた」
2018年6月5日(火) 午後8時00分 〜 午後8時30分
https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/613/
>調査が進むにつれ、法律の枠外で数多くの障害者が
>社会・施設・家族によって不妊手術に追い込まれていた現実

ハートネットTV 闇に埋もれた真実は(2)「消された精神障害者」
2018年6月6日(水) 午後8時00分 〜 午後8時30分
https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/615/
>「私宅監置」の小屋の存在が公表され話題となっている。
>日本復帰の72年まで公認され、
>隔離された人たちは、小窓から食事を与えられ、排せつもそこでする“動物扱い”

後者など、スマホ広告で「漫画」ネタにされがちな”怖いもの見たさ”な扱いをいかに脱して、
”働かせ方”といった、「国策による、絞り上げの合法化」との通底を示せるか。

[6280] 無題  Apeman - 2018/05/31(Thu) 08:06
上毛野すものさん

イワシはともかくとして、国内水揚げのサバは素人目にも幼魚とわかるのが
店頭に並んでいますからね。一昔前ならありえなかったサイズの。あんなも
の、食えと言われても……。

L さん

私は関西在住なもので、常野氏とは一度しか会ったことがないのですが、ネット
ではかれこれ10年以上彼の発言を参照してきました。彼のことを「面倒くさい
やつ」と思ったひとは少なくないのでしょうが、それこそ彼が「みんながあえて
スルーしていることにこだわってきた」ことの証でしょうね。

Teruさん

日本国籍保有者の殺人、傷害については国外犯にも日本の刑法を適用する旨の
定めがある一方、同じく刑法には「法令又は正当な業務による行為は、罰しない」
という定めがあるわけで、

>万が一、民間人を射殺してしまった場合、
>その自衛官をどう裁くのか、必ず議論になるでしょう。

はためにする議論というしかないですよね。こういうごまかしをしている論者
はその時点で信用に値しないでしょう。

[6279] ここまで来た”援護射撃”記事・・・  Teru - 2018/05/30(Wed) 06:13
ここまで来た”援護射撃”記事・・・

2018.5.29
自衛隊にも「軍法会議」が必要なこれだけの理由
福田晃広:清談社
https://diamond.jp/articles/-/171103#author-layer-1
>著作『軍法会議のない「軍隊」』(慶應義塾大学出版会)がある、
>慶應義塾大学名誉教授の霞信彦氏に聞いた。

>万が一、民間人を射殺してしまった場合、
>その自衛官をどう裁くのか、必ず議論になるでしょう。ある元軍人は

「元軍人」?旧大日本帝国陸海軍の軍人を指すというなら、
天皇主権国の、君主直属の統帥権に服する事になっていた、
「国民主権」自体と異なる”異常”な前提となるが・・・

>戦時の敵前逃亡が厳罰に処されないのであれば、
>規律が徹底されているとは言い難いだろう。
>また、自衛隊は、もともと戦うことを前提としていないため、
>仮に北朝鮮などと交戦状態になった場合、すべてが「超法規的措置」とされてしまう恐れもあるという。

一応平時に、”国民の敵”クーデター的言動を露わにした幹部自衛官は、
現行法でも、憲法・国家公務員法・自衛隊法に抵触してくるが、
地位(部下らに命じて、徒党を組めるだけの職権)は剥奪されず、
「規律が徹底されているとは言い難いだろう。」

また、既に安倍内閣の安保法制などの「有事法制」により、
「戦う事を前提」とする法制は現存する(違憲だから、超法規的と認めるのだろうか?)。

>次に、軍人が国民に対して銃を向けるといった、
>一般の刑法で想定していない事態を裁く、いわばストッパーの役目があります。

「殺人罪」適用の話を前部で出しておいて、法が「想定していない事態」は無いだろう。
それでは、(未成年)警官による警官銃殺といった事件も、法的「ストッパー」を欠いたから起きたというのか。
さらに、旧軍において軍法会議が民間人への加害の「ストッパー」になっていたというのか。

>今のまま「自衛隊は軍隊ではない」とのタテマエを通すことによる弊害は大きい。
>自衛隊は「軍隊そのもの」と言っていい状況である以上、
>実態に即した制度づくりを真剣に議論すべきである。

「自衛隊から始めて、ゆくゆくは軍隊として振る舞いたい」との
(旧軍幹部公職復帰からの)本音を通すには、現憲法を壊さなければならない。
「自衛隊法では戦闘行為を想定しておらず」という決まり文句からして、今の自衛隊法に反している。
それでも憲法に手をかけたがるのは、アメリカ原潜による高校実習船「えひめ丸事故」の様に、
「人を殺しても、国策である事自体をもって合法化される」類の、
”戦闘行為”を欲しているのではないか。

自衛隊法(安倍内閣の安保法制による改定を含む文面)
「第三条 自衛隊は、我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、我が国を防衛することを主たる任務とし、
必要に応じ、公共の秩序の維持に当たるものとする。
2 自衛隊は、前項に規定するもののほか、同項の主たる任務の遂行に支障を生じない限度において、
かつ、武力による威嚇又は武力の行使に当たらない範囲において、
次に掲げる活動であつて、別に法律で定めるところにより自衛隊が実施することとされるものを行うことを任務とする。
一 我が国の平和及び安全に重要な影響を与える事態に対応して行う我が国の平和及び安全の確保に資する活動
二 国際連合を中心とした国際平和のための取組への寄与その他の国際協力の推進を通じて
我が国を含む国際社会の平和及び安全の維持に資する活動」

三条の「2項」以下の対外的な活動に対してのみ、
「武力による威嚇又は武力の行使に当たらない範囲において」という条件が追加されている以上、
三条一項の、いわゆる「専守防衛」や治安維持(治安出動など)任務においては、
「戦闘行為」を前提としていると解するのが妥当ではないか。
また、国内での「テロ」を想定したであろう「第七十九条の二」も参照。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |

No 削除キー

- COM BOARD -