| トップ | 留意事項 | 検索 | 管理 |

Apes! Not Monkeys 掲示板


[6263] 無題  Apeman - 2018/04/17(Tue) 07:22
Teru さん

>BS世界のドキュメンタリー「“民族浄化”を弁護した男」

これ、昨年の8月に放送されたのを録画してあるんですが、まだ
観てなくて……。再放送をきっかけに観ないといけませんね。

[6262] 無題  Teru - 2018/04/16(Mon) 09:46
ユーゴ内戦の指導者に対する、「弁護」を通じて起きた変化とは・・・

BS世界のドキュメンタリー「“民族浄化”を弁護した男」
2018年4月18日(水) 午後5時00分(50分)
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/253/2145353/index.html
>祖国・セルビアを混乱に陥れた指導者に反感を抱きつつも、
>初仕事としてミロシェビッチ裁判の弁護団に参加した。
>「紛争で何が起こったのか、真実を知りたい。」と語っていた彼は、
>虐殺の凄惨(せいさん)さに衝撃を受けるが、
>あまりの事例の多さに“一人一人の命の重さ”への感情がマヒして行くことに気づく。

[6261] 無題  Teru - 2018/04/14(Sat) 11:46
再放送で、日本の腎臓移植を巡る、再検証番組が。

ノーナレ「“悪魔の医師”か“赤ひげ”か」
2018年4月15日(日) 午前1時15分(25分)
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/92257/2257017/index.html?c=top
>テレビや新聞では、あまたの“悪者”と“ヒーロー”が生み出され、世間を賑わせていました。
>そうした伝え方は、私たちの社会を本当に豊かにしているのか?

#リスク評価の背景として、
難しく複雑な病気や治療に対する評価があります。
重度の腎不全だと、日本では事実上透析で、病院通いして機械頼みで生きることになる事、
また、腎不全に伴いミネラル代謝が崩れて、動脈硬化が進み心疾患などにつながる、
といった「制限付きの生活」と、
移植腎と共にガンなどが「うつる」リスクをどう扱うか。

[6260] 無題  Apeman - 2018/03/27(Tue) 15:46
>証人喚問では大した情報は出てこない(訴追の怖れを理由にすればいくらでも証言拒否できるので)

これはまあ、過去の事例から考えれば当然に予想できることで、また
いまのところ(ちょうど今、衆院で希望が質問しているところですが)
まさにその通りになってますね。まあ安倍政権側がどこを防衛ラインに
しようとしているか、くらいは明らかになるのでしょう。

[6259] 証人喚問前日ということで  資格趣味 - 2018/03/26(Mon) 21:00
旧聞ですが証人喚問関係でメモ程度に。

22日のニッポン放送「朝ラジ」にて、レギュラー出演者佐藤優氏の言をかいつまんで。
高島氏の、佐藤氏が議員だったらどう攻めるか?の問いに、証人喚問では大した情報は出てこない(訴追の怖れを理由にすればいくらでも証言拒否できるので)、夫人付きだった谷氏の出勤簿、出張命令記録、夫人から受け取った金銭の受領報告書と確定申告書を提出させて、既に公表されている夫人と谷氏の写真と突き合わせて、矛盾を追及する、その際、谷氏については証人喚問でなく参考人招致として、訴追理由での証言拒否の余地をなくす、首相としては国会情勢で夫人が証人喚問となる可能性が高まったら総辞職を決断する、など。

[6258] また三連投ご容赦。  Teru - 2018/03/24(Sat) 19:35
3月24日・31日(土)午後9時
特集ドラマ
どこにもない国
http://www4.nhk.or.jp/P4600/
>終戦後、旧満州に取り残された150万を超える
>日本人の帰国を実現に導くためにわが身を捨てて奔走した男たちがいた。
>国家から見捨てられた同胞を故郷に帰すための命がけの戦い、
>そしてそれを支えた妻たちの愛。

>昭和22年1月、佐世保港では万里子と息子たちを探す丸山、
>そしてマツたちと抱き合う新甫の姿があった。
>長い戦いを経てついに家族が一つになった瞬間だった。

>吉田茂
>引き揚げを直訴する丸山に、占領下の日本には外交が存在しないため、
>草の根で世論を盛り上げるよう忠告。側面から支援する。

あくまで「ドラマ」ですが・・・
敗戦下では乳児(現地出身者たちは?)であっても
飢えや病に耐えるといった「命がけの戦い」に晒され、
決して受け身では無く、生きたいという意志を試されたのでしょう。

他方、「外交が存在しない」「どこにもない国」というのは、
溥儀の地位一つ見ても、
旧支配地域の周辺を中央護持の為に切り捨てた、
(大戦中からの)帝国の選択(意思)であって、
自然現象では無いのですよね・・・

こういった「よく耐えて戦った」ドラマの再生産が、
歴史修正主義の温床になっている面もあるのでは・・・

[6257] 無題  Teru - 2018/03/21(Wed) 22:03
自ら不特定多数に公開して、リアルの性・支配欲を集めて、おいてこれだ・・・
”完全にプロ”の扱いといい、どこかの”戦後”政府のミニチュアみたい・・・

https://twitter.com/corundum_box/status/974252050786631681
>開幕始球式をつとめた鹿島の投球は疲れからか不幸にも黒塗りの高級車に追突してしまう。
>4:52 - 2018年3月15日

開幕始球式での対応が完全にプロだった鹿島姉貴
こらんだむ
2018年3月15日 21:16
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=67748291

批判コメントが相次いだので謝罪会見を開いた鹿島さん
こらんだむ
2018年3月21日 21:09
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=67848174
>私は軽いネタのつもりでillust/67748291のイラストを描いていました。
>FF外の方からその件に関してお叱りコメントがあったのですが、
>その節は・・ていうかその件はどうも、すみませんでした・・・。
>自分でも不謹慎だったかなと思いました・・・
>はい、ちょっと次描く前にそこがモヤモヤだったんで謝りました・・・
>ていうかもーね、細かい事気にしすぎですよね。
>あとぉ〜影響されすぎといいますか

[6256] 無題  Teru - 2018/03/18(Sun) 15:10
3月18日深夜0時50分から
希望の果てに〜分かれ道をゆく政治家たち〜
http://www.mbs.jp/eizou/
>「希望の党」が結党され、民進党の前原誠司代表(当時)が全員合流を提案、
>野党を躍進させる希望の風が吹くかにみえた。
>だが、「政策協定書」や「排除リスト」なるものが両党の交渉途中に流出、大きな塊にはなれず空中分解した。

番組紹介が「政局」なのが気にかかりますが、
”数合わせ”で現況を予測できたのか、
京都出身の国会議員の「その時」から、
各議員の根底にある価値観が見えてくれば、と。

高齢層や女性、無党派層で目立つ「安倍離れ」
2018年03月12日 07時13分
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180312-OYT1T50009.html
>今回調査の内閣支持率を年代別にみると、高齢層の落ち込みが大きい。
>18〜29歳は6割台、30歳代と50歳代では5割台だったが、
>60歳以上は37%(前回46%)。60歳代に限ると30%(同42%)と12ポイント下がり

国税庁長官の”クビ”直後に出された、読売らしからぬタイトルの記事。
政府・与党への(私学同様、事業などを通じた)具体的な”コネとカネ”という意味では、
本当に効くのは60代以上に「首相が信頼できない」と認識される事なのかも。

[6255] 無題  Apeman - 2018/03/11(Sun) 09:50
上毛野すものさん

おっしゃる通り、過去の経験と合致する知見も含まれていますが、他方で

>「真実に縛られなければ新奇で意外な話に仕立て上げる事はより容易になる」

という分析は事柄の一面でしかないような気もします。歴史修正主義的な
デマにせよ、レイシズムや性差別にまつわるデマにせよ、まったく新奇性
のない定番ネタが飽きもせず繰り返されているというのも現実の一部だと
いうのが実感ですね。

資格趣味さん

産経の場合「取材せずに書く」というのは問題の核心ではないですからね。
社をあげて政治活動をやっていて、その活動目的に叶う記事なら取材の
有無を問わない、ということですから。

[6254] Re.:6253  資格趣味 - 2018/03/10(Sat) 09:12
>botではなく人力で
Wikipediaの方針では、公刊されている日刊新聞は情報源として信頼して良いことになっていますが、その一角が全力で
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-655697.html
こういうことを(もちろん人力で)やってるから。しかも新聞社が持つ自社サイトでは恐らく同社サイトが最も(想像するに世界一かも?)記事へのアクセス制限が緩いことを考えれば尚更。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |

No 削除キー

- COM BOARD -