| トップ | 留意事項 | 検索 | 管理 |

Apes! Not Monkeys 掲示板


[6306] 無題  s3731127306 - 2018/07/22(Sun) 06:54
すでにごぞんじかとは思いますが。

訃報:浜田知明さん100歳=銅版画家
https://mainichi.jp/articles/20180717/k00/00e/040/258000c

私にとって忘れ得ぬ創作家の一人です。
笠原十九司先生の『日中戦争全史』の表紙に採用されているのが、浜田先生の「ぐにゃぐにゃとした太陽がのぼる」なので、改めて浜田知明リバイバルが起きることを期待しています。



ところで、今回いろいろ検索していくと、こんな記述が見つかりました。

>今では信じられないかも知れないが、当時、私と同世代の美術関係者で「原爆の図」を実見したことのある人は決して多くはなかった。にもかかわらず(それ故にか)、「原爆の図」は、美術館、美術史、美術ジャーナリズムといった世界では、論じるに値しない時代遅れのリアリズム絵画、あるいは取扱注意のプロパガンダ芸術とみなされていたのだった。

http://pubspace-x.net/pubspace/archives/4575

(執筆者の小沢節子氏は美術史家、「「浜田知明論」の深度と射程――歴史家が絵画を読むということ」がある)

要するに、「敬して遠ざける」かそれ以下の扱いだったようです。
現代日本のサブカルチャー界(影響力からいえばもうすでにハイカルチャー同然)が、何かにつけて「これは政治的でない素晴らしい作品だ」とか「サブカルチャーに政治をもちこむな」という言葉を使いたがるのをみるにつけ、「美術界が”石頭”なら、サブカル業界は”ぐにゃぐにゃ”」といわれても反論できないな、と。

[6305] 無題  Apeman - 2018/07/20(Fri) 08:56
Teru さん

>つくづく、「殺人は”罪”だが、国の名において殺すのは”合法”」だと、
>何があったのかすら葬られていくのだなと。

死刑賛成派がこの問題にほとんど口をつぐんでいるのが非常に示唆的
ですね。

s3731127306さん

>やはり1980年代以降の日本の右派勢力の”変質”というのは無視できないと思うのですね。

これは私も感じますし、また実際時代とともにそうした「変質」はあって
当然ですからね。よくある「本当の右翼」探しはそうした変化を無視して
いるように思えてなりません。

書を守るものさん

「災害時にも被災者が冷静な日本スゴイ!」言説との整合性は? とも
指摘されてましたね。ほんと、ご都合主義です。

DCさん

まずはウナギの絶滅を止めてからウナギ離れのことを考えてもらいたい
ものです。

[6304] NHKの朝のニュースで  DC - 2018/07/18(Wed) 21:43
7月18日のニュースでウナギを美味しく育てる業者が出てきたてました。
「ウナギ離れを食い止めたい」そうです。

[6303] 無題  書を守るもの - 2018/07/16(Mon) 07:41
保守派が何を恐れ、その現実的な可能性はどれくらいかについて、
一つのサンプルとして。

https://twitter.com/yuukim/status/1018465281155321858
「無料配布でできるのは何度も並ぶくらいのもんで一人100個持っていかれるはずもなく」

[6302] 無題  s3731127306 - 2018/07/13(Fri) 18:23
Apemanさん

おそらく後者のほうが大きいと考えています。

山田先生の件で私がもう一つ気になるのは、明治時代肯定論への批判論者という点でも、山田先生がほとんど攻撃されていないように見える、という点なんですね。
もちろん、日本政府側は明治維新百五十周年を大いに祝いたいのでしょうし現に祝っていますが、なんというかこう、国民の側が”あまり踊っていない”ように見える、ということなんですね、特に若い層ほど。私の間違いかもしれないわけですが。
家近良樹さんという歴史家が

「西郷人気も私の眼から見れば、さすがに近年では衰えを隠せなくなっているように思われる。」

ということを書いていて、私はこの指摘は本質的に正しいと思っているわけですね。今年の大河ドラマの盛り上がりも特別高いとはいえないようですし。
倉橋耕平先生の問題意識とも重なっていますが、やはり1980年代以降の日本の右派勢力の”変質”というのは無視できないと思うのですね。優先順位が変わったというべきか、女性蔑視がむき出しになったというべきか……。

[6301] 無題  Teru - 2018/07/12(Thu) 22:03
海底の戦跡 最新技術で残す
2018年7月10日 19時05分
https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2018_0710.html?utm_int=tokushu-new_contents_list-items_005
>1945年4月、沖縄の海上には1300隻を超えるアメリカ軍の艦船が押し寄せました。
>戦況が悪化するなか、旧日本軍は、1800機を超える特攻機で応戦しました。
>海上の激戦でたくさんの艦船が沈没したと言われています。

>ところが、沈んでいる姿を今も確認できる船は、エモンズのほか数隻しかありません。

>取材を進めると、”スクラップブーム”という言葉が浮上してきました。
>「朝鮮特需」によって沖縄で起こった鉄の収集ブームのことです。
>鉄くずが高価なお金にかわることから、
>アメリカ軍の艦船が次々と引き上げられて解体され、日本本土に輸出されていたのです。

>戦争が残した遺物が、新たな戦争のために利用されていたことを知り、驚きました。

>スクラップブームは1957年ごろまで続きました。
>その間、浅い海に沈んだ艦船の多くが引き上げられてばらばらにされ、姿を消しました。
>沖縄戦で沈んだ船が見つからない背景には、皮肉な歴史があったのです。

新たに「麻原彰晃」の女性信者殺害事件が発覚 隠し続けていた「上祐史浩」認める
7/10(火) 11:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180710-00545155-shincho-soci
>麻原彰晃(本名・松本智津夫)ら7名に死刑が執行されるも、
>決着がつかないオウムの“罪”は、まだあった。
>麻原はじめ幹部による女性信者殺害事件。
>元幹部・上祐史浩氏もその場に居ながら、今日まで口をつぐんできたのである。

>その隠された殺人事件についての噂が広がったのは、昨年の秋頃のこと。
>新実智光死刑囚が、ある余罪について告白していたという。

つくづく、「殺人は”罪”だが、国の名において殺すのは”合法”」だと、
何があったのかすら葬られていくのだなと。

[6300] 無題  Apeman - 2018/07/12(Thu) 15:28
s3731127306 さん

>それにしても、50年前だったら右翼から攻撃されたのは何よりも昭和天皇の戦争責任を徹底的に論証した山田先生のほうだろうに、今はむしろ吉見義明先生のほうが攻撃されている。少なくとも、山田先生が吉見

たしかに山田朗さんへの攻撃をネットで見かけることはないですね。
そもそも産経新聞などの右派メディアが山田さんの「大元帥昭和天皇」論
を紹介することがなく、それゆえネットの右派層にはそもそも知られて
いない、というのが大きいのではないかと。
また昭和天皇の死後30年が経ち、昭和天皇の戦争責任が重いテーマとは
受け止められなくなっている、ということもあるのかもしれません。

[6299] 無題  Apeman - 2018/07/12(Thu) 15:25
上毛野すものさん

アメリカで同様な活動をしている団体の方は日本政府の紐付きらしい
ことが、小山エミさんの指摘で明らかになってますしね。

>話は変わりますが、否定論者が捕虜尋問報告49号の解釈で以下のサイトを持ち出してきました。

これもその史料が92年の時点で明らかになってたことなんて知らないんで
しょうねぇ。

>それから、またしてもなのですが
>色々と調べなおしていたら偶然このようなサイトを見つけてしましました

最近はツイッターに時間を取られてこの手のサイトまでなかなかチェック
できてないんですが、油断も隙もないという……

[6298] 無題  上毛野すもの - 2018/07/10(Tue) 20:40
ほっけさん
ご教示いただきありがとうございます
そちらのエントリで言及されていたのですね。コメント欄みたら私も2回ほど書き込みしてました。

それから、またしてもなのですが
色々と調べなおしていたら偶然このようなサイトを見つけてしましました
南産業株式会社「従軍慰安婦、吉見教授の立場」
http://www.edoichiba.jp/minami/minami140917-09_18_27.html

全文に渡ってひどいので、特にひどそうな一か所だけ引用します

>吉見教授の解釈は、「朝鮮人女性を挺身隊の名で強制連行した」と言うもので、

はい、批判対象の著作を確認していないことが一発でわかる、「いつもの」ですが、これを会社のホームページに載せるという神経がわかりません。
会社案内を確認したところ、従業員6名ということなので、会社というより社長の私的ブログ状態なのかもしれません

[6297] 無題  s3731127306 - 2018/07/10(Tue) 20:12
・満洲事変と昭和天皇
https://ci.nii.ac.jp/naid/120001438974

・昭和天皇と軍事情報--大本営による戦況把握と戦況上奏
https://ci.nii.ac.jp/naid/120001439016

・日本の敗戦と大本営命令
https://ci.nii.ac.jp/naid/120001439091


読んでいてあれ?と思っていたので調べてみたら、「昭和天皇の軍事思想と戦略」(2002年、校倉書房、山田朗)の第二章の満洲事変の箇所・第四章のフィリピン戦の箇所・補論全文と内容はほぼ同じでした。何しろ7000円の本は簡単に買えませんから助かります。
それにしても、50年前だったら右翼から攻撃されたのは何よりも昭和天皇の戦争責任を徹底的に論証した山田先生のほうだろうに、今はむしろ吉見義明先生のほうが攻撃されている。少なくとも、山田先生が吉見先生と同じていど右翼から攻撃されているようにはどうしてもおもえない。それに、吉見先生も昭和天皇の戦争責任についてはっきり言及したことがあるのに、どうも私の見るかぎりそれをネタにした攻撃はほとんどみられない(私の間違いかもしれませんが)。
昔の右翼は立派だったなどというつもりは全くありませんが、倉橋耕平先生のいうように、やはり何らかの重要な変容がおきていると考えたほうがいいと思います。私はマッチョ指向の総体的に弱い環境で育ったため、「なにをそんなに男性性にこだわるのかな」とつくづく思うのですが。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |

No 削除キー

- COM BOARD -