| トップ | 留意事項 | 検索 | 管理 |

Apes! Not Monkeys 掲示板


[6215] ヘイトスピーチ  資格趣味 - 2017/12/14(Thu) 18:17
沖縄へ向けたヘイトスピーチに、普天間第二小学校を扱ったモノがある。曰く、同校の校舎移転計画を基地利権絡みで潰したのは左翼過激派だ、と。
昨日の午後10時NHKニュース、番組の締めで紹介されたネット上の反応で、恐らくヘイトスピーチに影響されたであろう文句があった。その文句は今夜午後9時50分頃までならPodcastをダウンロードできるので聞いてみられたい。

http://www9.nhk.or.jp/r-news/podcast/mp3/20171213220003_12963_1_1_2.mp3

以下は番組キャスターも詳細は知らないであろう話である。

この同校移転計画潰し画策なるものを広めた最初は、産経新聞の当時の那覇支局長宮本某だったかと思う。フェイクニュースの走りみたいなもので、当時はタイムス新報ともにフェイクへの反論記事などほぼゼロだったから、サンケイのやりたい放題で、同校もその被害者みたいなもの。

経緯をかいつまんで書いておく。
移転計画自体は前世紀、'80年代はじめには立案されていた。当時の市政は保守系、普天間基地の北隣キャンプフォスターの区域を一部返還させて(この際の条件に、移転後には同校の跡地は新たに普天間基地用地として囲い込む件が付いた)市が購入して用地とし、用地価格は約30億円。ところが購入費に国家補助が下りない。市単独では負担できる額でない。
また、想定された移転先に実際に建設されたとすると、校区からの通学路に交通量の大変多い道路の横断が含まれ、保護者の不安は高かった。
そうして時間が無駄にすぎていくうちに、校舎の老朽化は進む。移転想定の施設に補修費など出るわけもなく、騒音あれども窓閉め切って冷房ということも出来ない。
そうこうしているうちに、ブッシュ・ゴルバチョフ会談で冷戦終結が宣言され、その頃普天間基地の騒音がはっきり軽減された。となれば、当時の那覇軍港が遊休化していた伝で、普天間基地も遊休化し、基地そのものの返還もあるのではないかという期待も一部にうまれた。市長はこの少し前に革新系に代わった。
そういう背景があって、同校は移転せず現地で建て替えとすることに最終決定された。

してみると、サンケイがいう、左翼が「体を張って反対する」という発言によって移転計画は潰されたという記事の真相はといえば、上記かっこ書きの「跡地を新たに基地用地として囲い込む」ことに反対したのであって、それ以前に計画は補助金制度の隘路で立ち往生した、つまりは国策の不備に翻弄されたというべきところ。

同校出身でも何でもない私が上記の事情を調べる手間は半端なものではなかった。デマを流すのはカンタン、訂正するのは困難の極み。そのデマにNHKも影響されているのだ。こんなNHKにどうして受信料など払えようか。もっとも、今はタイムス新報ともフェイクへの反論を積極的に報ずるようになった(ただし、最初に反論文献を公表したのは沖縄国際大学の研究者たちであって、両社はそれに影響されてやり始めたのである)。いい時代になったともいえる。

[6214] 無題  Teru - 2017/12/14(Thu) 00:04
>この辺とか、実に自称「現実主義者」な人々をくすぐる言葉ですよね。

「無防備都市宣言」絡みでも、その手の「現実の判断」参謀ごっこが次々と・・・

東京も、マニラのごとく松代大本営な市街戦の舞台にされた方が良かったとでも言うのだろうか・・・

#マニラは日本侵攻時に無防備都市宣言」され、
日本軍が守勢となると山下大将が作戦立案時に「無防備都市宣言」を検討するも、
軍港を手放したくなかった海軍らで、血みどろの市街戦の舞台にされた経緯が・・・

「無防備都市宣言」が「理想論」で「責任」無き宣言というなら、
無条件降伏受諾も、占領軍が無茶しないという「理想論」に首都を委ねる、
「責任」無き宣言になりかねず(実際、抗命な”厚木の乱”も)・・・

[6213] 無題  上毛野すもの - 2017/12/13(Wed) 17:56
橋下徹「ノーベル平和賞で平和は来ない」
http://president.jp/articles/-/23968

>国連で採択されることと、各国が批准することは別問題。国連は一国の政治について全責任を負っていない者たちが理想論だけで動ける場。しかし国連加盟国各国の現実の政治行政の場に移ると、責任を負っている者たちが現実の判断をしているし、そうしなければならない。

この辺とか、実に自称「現実主義者」な人々をくすぐる言葉ですよね。

「高2病」と言われる精神に近い
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%C6%F3%C9%C2

[6212] 無題  Apeman - 2017/12/12(Tue) 12:53
くま(仮)さん

そのニュース、意味不明なのは「日本が東京五輪を前にし
て、政治とスポーツが離れていることを世界に示す良い機会
だと思う」というコメントですよね。ふつうに考えれば、
これは「優勝すれば賞金を払う」という判断の理由として
持ち出されるロジックです。

[6211] 無題  Apeman - 2017/12/12(Tue) 12:50
Teruさん

>甘やかされた時代を卒業 「自助ありき」綻び繕う

「甘やかされた時代」なんていつあったんだよ、と。「入学」して
ないものは「卒業」できませんねぇ。

あとNHKの訴訟の件ですが、

>建前上は金銭を巡る争いですが、受信料払った方が訴訟費用より安いでしょうから、
>実質的には放送協会の在り方を争っているのだろうと。

原告代理人の一人は「つくる会」会長の高池勝彦ですから、NHKへ
の政治的介入をしやすくする狙いがあるのかもしれません。

資格趣味さん

>月刊Hanadaの広告が載ったのは、タイムス新報ともに同誌史上初(多分)。

そうでしたか。今後も継続して出すのか、特に最新号だけ出したの
かで狙いがわかりそうですね。

[6210] 無題  Teru - 2017/12/08(Fri) 20:20
北朝鮮木造船が逃走か 海保が追跡しえい航 北海道 函館沖
12月8日 16時54分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171208/k10011251401000.html
>木造船が、8日午後3時半ごろ、突然、船のエンジンをかけて巡視船から離れました。
>海上保安部は逃走を図ったと見て追跡し、その後、木造船をロープでえい航して、再び巡視船に係留しました。

木造船の船長「今は応じたくない」
【12月07日(木) 12時00分】
http://news.hbc.co.jp/953ff2be966d760cd2dcd0a8bb6e2274.html
>捜査関係者によりますと、木造船の乗組員たちは体調不良を訴えていた数人を除き、
>5日までは警察による任意の事情聴取に応じていました。
>しかし、6日は海上保安庁の巡視船から木造船側に捜査員が「聴取をしたい」と呼びかけたところ、
>木造船の船長から「今は応じたくない」という趣旨の返事

「任意」の事情聴取だが、日本の警察側から離れようとすると「逃走を図ったと見て」事実上の身柄押さえ。
強制捜査であっても、日本国憲法上認められている「黙秘権」の扱い
(刑訴法198条を含め、聴取前に教えなければ知らないだろう)など、どうなっているのだろう。

NHK受信契約訴訟 最高裁の判決要旨
12月6日 21時09分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171206/k10011249011000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001

弁護士が「(放送協会の)改革には全然ならない」といったコメントが流されていました。
建前上は金銭を巡る争いですが、受信料払った方が訴訟費用より安いでしょうから、
実質的には放送協会の在り方を争っているのだろうと。

今回の最高裁判決にしても、以下の「前提」が自明かどうか、
今後争われることと思います。
国会の「予算承認」や人事を通じて、「特定の個人、団体又は国家機関等から」支配や影響が放送協会に及んでいる以上、
国民全体に受信料負担を求める根拠足る「不偏不党」や「知る権利を実質的に充足」出来ると認められるかという事です。

総論部
>放送法が、「放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによって、放送による表現の自由を確保すること」などとする原則に従って、
>放送を公共の福祉に適合するように規律し、その健全な発達を図ることを目的として制定されたのは、
>上記のような放送の意義を反映したものにほかならない。

>上記の目的を実現するため、

>放送法が、NHKにつき、営利を目的として業務を行うこと及び他人の営業に関する広告の放送をすることを禁止し、
>事業運営の財源を受信設備設置者から支払われる受信料によって賄うこととしているのは、
>特定の個人、団体又は国家機関等から財政面での支配や影響がNHKに及ぶことのないようにし、
>受信設備を設置することによりNHKの放送を受信することのできる環境にある者に広く公平に負担を求めることによって、
>NHKが上記の者ら全体により支えられる事業体であるべきことを示すものにほかならない。

各論部
>公共放送事業者と民間放送事業者との二本立て体制の下において、前者を担うものとしてNHKを存立させ、
>これを民主的かつ多元的な基盤に基づきつつ自律的に運営される事業体であるようにするため
>その財政的基盤を受信設備設置者に受信料を負担させることにより確保するものとした仕組みは、
>憲法21条の保障する表現の自由の下で国民の知る権利を実質的に充足すべく採用され、
>その目的にかなう合理的なものであると解されるのであり、
>なおその合理性が今日までに失われたとする事情も見いだせないのであるから、これが憲法上許容される立法裁量の範囲内にあることは、明らかというべきである。

[6209] 誤記訂正  資格趣味 - 2017/12/08(Fri) 19:51
>幹部級の不正直などで一時受信料不払い者が増えた

→幹部級の不祥事などで一時的に受信料不払い者が増えた

[6208] NHK受信料訴訟判決に寄せて  資格趣味 - 2017/12/08(Fri) 19:45
現状追認を旨とする最高裁ならそうなるしかない内容の判決だな、と。以下は私の個人的考え方。

私はNHK受信料の性質を
https://www.amazon.co.jp/NHK%E5%8F%97%E4%BF%A1%E6%96%99%E3%82%92%E6%89%95%E3%81%88%E3%81%AC%E7%90%86%E7%94%B1-%E4%BD%90%E9%87%8E%E6%B5%A9/dp/4891881771
の本で理解した。20年近く前の本ゆえ今は手元にないが、問答形式でたいへん面白いのに法理論的解説も外していない、実に役に立つ本だったことを覚えている(皆様にもぜひご一読を薦めたい、入手可能なら)。
先の私の投稿で、NHKトップの人事権について触れたのは、この本の知識を下敷きにしたものだ。受信料を払おうが払うまいが、人事にも運営にも、一切の発言権がない。自民党員にとっての自民党総裁人事程度の参与権すら、NHK受信料支払い者は持たない。

他方、NHK経営委員は総理大臣が任命する。NHKの予算は、国会の承認事項だ。また、会長の人事は、その経営委員会の権限だ。そして現首相は、やはり20年近くも前になるが、特定の番組についてNHK幹部を呼び出して意見した実績の持ち主である。だから判決が「特定の個人や団体、国家機関から財政面で支配や影響が及ばないよう」と述べているのは、制度としても実態としても、最初から成立し得ない。さらに言えば、在日米軍の構成員(軍人兵士だけでないという意味)は受信料を払ってないし、どうやらNHK側も請求すらしてないらしい。

10年ほどまえだったか、幹部級の不正直などで一時受信料不払い者が増えたことがあったが、NHK側の訴訟戦術(体のいい脅しだよね)で収まったと記憶する。そして今回の判決。この間のNHK受信料に関する議論で、上記の本に記載された程度のことも扱われたとは、記憶しない。判決報道を見聞する限り、この訴訟当事者も、下級審段階でそこまで突っ込んで訴訟したわけでもないようだ。

そういえば、最高裁判事の人事権は内閣に属する。

安倍って、もはや全智全能だよなこりゃあ。

[6207] 追記  くま(仮) - 2017/12/08(Fri) 19:09
 E-1の件友人から
 「E-1の主催は東アジアサッカー連盟(EAFC)です。
 現在たまたま田嶋さんが日本サッカー協会(JFA)会長と東アジアサッカー連盟会長を兼務しています。
 なので私の理解では、「日本サッカー協会が恥をかく」ではなくて、「東アジアサッカー連盟が朝鮮に賞金を払わないのは筋が通らない」のが問題です」
 という指摘を受けたことを追記しておきます。

[6206] Re.:恥を知れ  資格趣味 - 2017/12/08(Fri) 00:38
https://ryukyushimpo.jp/column/entry-626263.html

戦時中の日系人強制収容に関して問題解決に関わったミネタ議員・運輸長官(元)の顔に泥を塗る行為とでも言えばいいのか。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |

No 削除キー

- COM BOARD -