| トップ | 留意事項 | 検索 | 管理 |

Apes! Not Monkeys 掲示板


[5835] 無題  Teru - 2017/02/02(Thu) 09:39
https://www.kyotruck.or.jp/2017/01/30/%E4%BA%AC%E3%83%88%E5%8D%94-%E7%AC%AC34%E5%9B%9E%E7%89%A9%E6%B5%81%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC/

京都府トラック協会が、
三橋講演を一般参加ありで予定。

ネット調べによる本当はヤバイ韓国本を、
代表作と紹介しているが、
典型的なネトウヨではないかと、
待ったはかからなかったのだろうか。

[5834] 無題  ホドロフスキ - 2017/02/02(Thu) 09:11
インターネット上での 当園に対する 誹謗・中傷記事について
http://www.tukamotoyouchien.ed.jp/wp-content/themes/tukamoto/pdf/attention2.pdf

例の極右幼稚園からのお知らせ。

>専門機関による調査の結果、投稿者は、巧妙に潜り込んだ
>K国・C国人等の元不良保護者であることがわかりました。

>当園は、日本精神をとりもどすためにも、日本に在住する極めて少数派の
>K国・C国等の人たちのこういった行為に対して、断固として立ち向かう所存です。

ヘイトがダダ漏れしちゃってます。これが「日本精神」なのか!

[5833] 無題  ホドロフスキ - 2017/02/02(Thu) 09:05
在英日本大使館が英シンクタンクに月140万円支払って反中キャンペーンを展開していたことが曝露される
http://buzzap.jp/news/20170131-hjs-japan-embassy-propaganda/
http://www.thetimes.co.uk/article/rifkind-a-stooge-in-secret-pr-war-on-china-xfq2qp2br

ちょうど3年くらい前に↓これがあったことを思い出しました。

日中大使、英BBCトーク番組で舌戦 司会者の日本攻め質問に苦戦?
http://newsphere.jp/politics/20140110-8/

政治家が言動の改めることが一番安上がりで確実な方法なんですけどね
「靖国参拝」を取り繕うためにどんどん品位を落としていく。

[5832] 無題  Teru - 2017/02/01(Wed) 14:17
>安保に関しては「具体的には制服組による高度にテクニカルな議論デー」みたいなことを
>なんども仰っていたのを拝見して、一体なんなんだそれは?

それは、インプット以上のアウトプットに対する、「一般論に寄る煙幕」、
いわば「包装紙としての言論」に過ぎないのでは。

国内で言えば「田母神空幕」や「稲田防衛大臣」といった、安保関係重要職は
「高度にテクニカルな議論」で選ばれたのか。

トランプ大統領になった途端のイエメン特殊部隊作戦において、
「高度にテクニカルな」作戦で侵犯したイエメンに、国としての手当はしているのか。

そういった論点に、2010年に経済政策を語る時の「2008年リーマンショック」の様に触らずにいるなら
(夫側の三浦清志氏は、2007年にマッキンゼーのマネージャーに最年少昇進していたという
http://www.yonaoshi.info/Detail.php?eid=161)、
当時から変わらず、そういう
(試験の過去問対策の様に、社会人としては出世につながらない事は遠ざける)頭の使い方なのでしょう。

[5831] 無題  Apeman - 2017/02/01(Wed) 10:43
書を守るものさん

ツイートの内容そのものは当たり前のことでしかありませんが、それを
どういう文脈で言うか(そしてどういう文脈では言わないか)、の問題
ですね。

[5830] 無題  ホドロフスキ - 2017/01/31(Tue) 21:20
Teruさん

ご教示ありがとうございます。
思いの外ボリュームがありそうなんで時間がある時に読んでみたいと思います。
引用されてる箇所に「連立方程式」や「インセンティヴ」のワードが入っていて
なんと言うかいかにもだなーて地雷感のを強く感じます。

あと三浦瑠麗さんは日米安保の専門家かなんかだと思っていて
なんか最近はやけに(専門外の)社会保障についての発言が多いなと思ったら
もともと専門はこちらなんですね?
安保に関しては「具体的には制服組による高度にテクニカルな議論デー」みたいなことを
なんども仰っていたのを拝見して、一体なんなんだそれは?と疑問に思ってました...。

[5829] 無題  書を守るもの - 2017/01/31(Tue) 19:08
菊池誠氏がついに歴史修正主義に一歩踏み出したようです。

”「語り部」問題というのはたぶん本当にあって、人前で何度も話していると体験とそうでないことの区別がつかなくなってくるのではないかと思う。実際、戦後70年以上だから、今80歳のかたでも実際には10歳以下で戦争を体験しているわけで、その記憶が信頼できるとは思えない”
https://twitter.com/kikumaco/status/825867813902430208

[5828] 無題  Apeman - 2017/01/31(Tue) 11:15
彼女の名前を見るたびこの記事を思い出してしまいます。
https://dot.asahi.com/wa/2016052600056.html

私のタイムラインでは三浦氏ほど話題になってませんでしたが、
「心の狭い学究」も“客観的に情勢を分析しているだけ”ごっこを
してましたね。

[5827] 無題  Teru - 2017/01/30(Mon) 09:40
>著書には書いてあるのかな?

東洋経済「高橋亀吉賞」三浦夫婦ダブル受賞の、中身がこちら。

2010年度 第26回 高橋亀吉記念賞

佳作
三浦 清志 氏 (経営コンサルタント)         
「社会保障分野を成長エンジンにするための戦略文化改革」
http://www.toyokeizai.net/corp/award/takahashi/2010/kiyoshi.php

>経済、財政、社会保障の連立方程式を解く鍵は、シンプルである。
>社会保障が民間の産業として花開くことである。
>つまり、社会保障が民間主体(もちろんその中心は民間経済の主要な担い手である株式会社)によって担われ、
>政府(財政)の負担によらずに収益を上げることで、
>多くの雇用を生んで経済を支え、最終的には税収という形で財政に貢献することである。

>少し考えればわかることであるが、介護の分野で雇用を伸ばしても、
>その大部分が税金によって賄われているとすれば、それは産業ではなく、公共事業の一形態でしかない。
>しかも、それはインフラへの投資として将来にわたって便益を提供するのではなく、
>その場で消費されるので、経済と財政と社会保障の矛盾を中長期的に拡大させることになる。

>つまり、政府は民間企業と異なり、経済のルール変更を通じて経済の活性化や効率化に貢献できるが、
>このような施策にはほとんどお金がかからないということである。
>規制緩和が成長戦略の一丁目一番地であるべき所以である。

佳作
三浦 瑠麗 (法学博士、東京大学大学院法学政治学研究科 
 ポスト・ドクトラル・フェロー)
「長期的視野に立った成長戦略―ワーキングマザー倍増計画」
http://www.toyokeizai.net/corp/award/takahashi/2010/rui.php

>政府に求められていることの大半は、
>適切なインセンティヴを付与し、不健全な構造を是正する仕組みづくりなのである。

>経済効果から考えても、親に少額のお金をばら撒いても
>それが生活の日用品や貯蓄に回ることはほぼ確実であり、
>ましてや規制を緩和することなしに育児関連産業の活性化に繋がるわけがない。

>民主党の政策が真の問題=規制の結果としての保育所不足を解消しないままに
>女性間の保育所獲得競争を激化させる結果しか招いていないという点である。
>幼稚園の空きは比較的あるのになぜ幼保一体化にとりくまず、なぜ参入規制をもっと緩和しないのか。
>これらの改革にはほとんどお金がかからないにも拘らず、
>政府は厚生労働省による意味のない規制と管理から生まれる、不合理な高コスト構造を放置している 。

外務省から、早々に経営コンサルタントに転身している夫側の、
経営者気分な発想(規制の趣旨には、しばしば過当競争に対する人権保護があるはずだが)は強調するまでもありませんが・・・

当時の「三浦 瑠麗」氏側の主張には、「(7)非嫡出子への差別廃止」が含まれ、
「いわれのない不当な差別であるから、即撤廃すべき」と書いてはいるものの、その論拠においてまたも、
「守られていない利益を守ることによって生みやすくなる人が少数だが出てくることもまた事実だろう。」
「利益」がキーワードに。

[5826] 無題  Teru - 2017/01/29(Sun) 11:53
>「アメリカ(や米軍)は高度でテクニカルな判断をしている」
>それを(私はわかってるけど教えないんで)みんなで考えて。

日本語ネット上には
「チーム三浦瑠麗(35)始動!女性東大話法とジャパン・ハンドラーズたち」なる、
「彼女の人脈を深堀り」したという文面があります。

そこから浮かんでくるのは、
三浦氏が「有識者」(大学関係の常勤ならずとも、各紙で“食っていける”、立場まで)に辿り着く前から、
東洋経済「高橋亀吉賞」夫婦同時受賞(先に、外務省関係者と学生結婚とか)といった、
利益相反を遠ざけるよりも「立身出世」をはっきり選んできたキャリア形成過程です。

その「選んだ」バックが、
アメリカでいえば(表面話法では無く根本において)ネオコン的な価値観、
日本でいえば「改革」官僚の類の、代弁者となれば、
当人も、希望は戦争ならぬ「むしろ、希望は徴兵制」位のことは吹っかける、
日米支配層やメディアの「ソフトタッチな代弁者」を選んでいるのだろうなと。

#徴兵制と民主制を「血のコスト」を介して、親和的に捉える論の基盤には、
米仏ら「市民革命経験」が歴史上あると考えられますが、
三浦氏が「代弁」するにあたっては、
日本では昔も今も(日中戦争に代表されるように)
徴兵といえば、「国が民から、さらに血税を絞るシステム」でしかなかったという、
本邦の歴史的経緯は視野の外であるようです。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |

No 削除キー

- COM BOARD -