| トップ | 留意事項 | 検索 | 管理 |

Apes! Not Monkeys 掲示板


[6268] ”衛星”が軸になったりするのだろうか・・・  Teru - 2018/05/08(Tue) 09:19
2018.5.3 22:52
あぶり出された改憲勢力のキーマン 野党30人超の勢力
https://www.sankei.com/politics/news/180503/plt1805030058-n1.html
>野党再編によって改憲派キーマンがあぶり出される状況

>細野豪志元環境相や長島昭久元防衛副大臣、松原仁元拉致問題担当相らは
>「憲法改正の旗を降ろした党に加わる選択肢はない」(細野氏)と無所属で活動

>野党系改憲勢力が大きくまとまるのは安倍晋三首相(自民党総裁)にメリットをもたらしそうだ。
>連携を深めることで改憲論議に消極姿勢をみせる公明党の牽制(けんせい)になるという見方がある。

「あぶり出された」平成の国体組な補完勢力(民進の股裂き組)が公明党の「牽制」になるから、
「首相にメリット」とは、ずいぶん「大きくまとめた」記事ですね・・・

#まだ、トップクラスの全体主義者、前原元代表などのスピンアウトが控えているのかも・・・

[6267] 無題  Apeman - 2018/05/05(Sat) 16:13
>保護のために最近は養殖うなぎを食べています。

ダメだ、全然わかってないですね。しかし「養殖」についてのこういう誤解
は蔓延してるんでしょう。

うちの近くの百貨店、以前入っていたうなぎ屋が撤退して、代わりに入ったうなぎ屋
は売り物の半分くらいがだし巻き卵になってました。

[6266] 掲示板投稿に  資格趣味 - 2018/05/03(Thu) 19:07
天然のうなぎを食べる友人
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2018/0502/846803.htm?g=06

そういう問題じゃないんだけど・・・
関係ないが、引退政治家のノーマン・ミネタ氏もうなぎ好きとか言ってたっけ。

[6265] 無題  Teru - 2018/04/24(Tue) 13:08
コラム凡語:黒塗りの銃弾
【 2018年04月19日 15時00分 】
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20180419000075
>▼開示請求すると、「着弾」の2013年12月16日、首都ジュバは晴れ。
>「射撃事案が発生していることから■■と評価」などと、黒塗りが多い。あいまいだが緊迫感が垣間見える

>▼1940年の中国山西省での旧陸軍独混第四旅団の戦闘詳報は
>戦死した兵馬の数や毒ガス「あか弾」使用数を記す。
>前線で血と泥にまみれる兵士の言葉や報告は伏せられた。
>東京の政治の建前では山西省は戦争でなく、「治安強化」だった

>宣戦布告なき戦争を「事変」と言い換え、八十数年前は日中戦争に突き進んだことを思い返したい。

ここまで踏み込んで描いたりする新聞社でも、
例の年末「政府間合意」の際は日本政府広報モードだったりした・・・

”裏合意”に真意が隠されている政府間合意といえば、
今だに日朝両国が”破棄”等を口にしない「日朝平壌宣言」もあるのだが・・・
当時から、日韓のそれに倣って国交正常化と、
植民地化や戦争供出の相殺を意図する”巨額”経済協力がセットで合意されているのではとの指摘有り。

[6264] 無題  Apeman - 2018/04/23(Mon) 17:10
-三菱航空機、従業員300人削減。「MRJ」開発を合理化
https://newswitch.jp/p/12718

記事の結びが「引き続き開発を加速していく方針だ」という……

[6263] 無題  Apeman - 2018/04/17(Tue) 07:22
Teru さん

>BS世界のドキュメンタリー「“民族浄化”を弁護した男」

これ、昨年の8月に放送されたのを録画してあるんですが、まだ
観てなくて……。再放送をきっかけに観ないといけませんね。

[6262] 無題  Teru - 2018/04/16(Mon) 09:46
ユーゴ内戦の指導者に対する、「弁護」を通じて起きた変化とは・・・

BS世界のドキュメンタリー「“民族浄化”を弁護した男」
2018年4月18日(水) 午後5時00分(50分)
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/253/2145353/index.html
>祖国・セルビアを混乱に陥れた指導者に反感を抱きつつも、
>初仕事としてミロシェビッチ裁判の弁護団に参加した。
>「紛争で何が起こったのか、真実を知りたい。」と語っていた彼は、
>虐殺の凄惨(せいさん)さに衝撃を受けるが、
>あまりの事例の多さに“一人一人の命の重さ”への感情がマヒして行くことに気づく。

[6261] 無題  Teru - 2018/04/14(Sat) 11:46
再放送で、日本の腎臓移植を巡る、再検証番組が。

ノーナレ「“悪魔の医師”か“赤ひげ”か」
2018年4月15日(日) 午前1時15分(25分)
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/92257/2257017/index.html?c=top
>テレビや新聞では、あまたの“悪者”と“ヒーロー”が生み出され、世間を賑わせていました。
>そうした伝え方は、私たちの社会を本当に豊かにしているのか?

#リスク評価の背景として、
難しく複雑な病気や治療に対する評価があります。
重度の腎不全だと、日本では事実上透析で、病院通いして機械頼みで生きることになる事、
また、腎不全に伴いミネラル代謝が崩れて、動脈硬化が進み心疾患などにつながる、
といった「制限付きの生活」と、
移植腎と共にガンなどが「うつる」リスクをどう扱うか。

[6260] 無題  Apeman - 2018/03/27(Tue) 15:46
>証人喚問では大した情報は出てこない(訴追の怖れを理由にすればいくらでも証言拒否できるので)

これはまあ、過去の事例から考えれば当然に予想できることで、また
いまのところ(ちょうど今、衆院で希望が質問しているところですが)
まさにその通りになってますね。まあ安倍政権側がどこを防衛ラインに
しようとしているか、くらいは明らかになるのでしょう。

[6259] 証人喚問前日ということで  資格趣味 - 2018/03/26(Mon) 21:00
旧聞ですが証人喚問関係でメモ程度に。

22日のニッポン放送「朝ラジ」にて、レギュラー出演者佐藤優氏の言をかいつまんで。
高島氏の、佐藤氏が議員だったらどう攻めるか?の問いに、証人喚問では大した情報は出てこない(訴追の怖れを理由にすればいくらでも証言拒否できるので)、夫人付きだった谷氏の出勤簿、出張命令記録、夫人から受け取った金銭の受領報告書と確定申告書を提出させて、既に公表されている夫人と谷氏の写真と突き合わせて、矛盾を追及する、その際、谷氏については証人喚問でなく参考人招致として、訴追理由での証言拒否の余地をなくす、首相としては国会情勢で夫人が証人喚問となる可能性が高まったら総辞職を決断する、など。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |

No 削除キー

- COM BOARD -