| トップ | 留意事項 | 検索 | 管理 |

Apes! Not Monkeys 掲示板


[5649] 無題  Apeman - 2016/09/22(Thu) 15:26
Teru さん

>更には「自業自得の人工透析患者」が、
>「日本を亡ぼす」から「殺せ」なる記事がメディア掲載されてみたり・・・

お詫びと削除、という対応になりましたね。
http://blogos.com/article/191041/
まあ Blogos のことですから、遠からずまたやらかすでしょうが。
それにしても医療費への公的支出は病院や製薬会社の利益となり、医療関係者や
製薬会社社員の所得となり、それらからの法人税、所得税税収や医療従事者、製薬
会社社員たちの消費となり……というかたちでそれなりに社会にも戻ってくるのに、
まるで虚しく空に消えていく金であるかのように扱われるのって、なんなんでしょ
うね。

ホドロフスキさん

>なんで橋下さんが豊洲移転を必死で訴えてるのかサッパリ分からないけど。

一つ考えられるのは上山信一・慶大教授ですかねぇ。「一緒に巧いことやろうぜ」と
ばかりに思ってたところだから、「あまり金脈が埋まってるところをほじくり返すな
よ」ということでは?


[5648] 無題  上毛野すもの - 2016/09/21(Wed) 20:54
連投すみません
「Atlantic council」ホームページ内で「comfort women」を検索して出てきた、タイトルから関連していそうな記事を他に二つほど。

http://www.atlanticcouncil.org/publications/articles/manning-and-przystup-obama-abe-summit-should-overcome-dangerous-mirror-image-trust-gap

http://www.atlanticcouncil.org/publications/articles/east-asia-s-dangerous-history-wars

URLの最後の部分がそれぞれの記事タイトルになっています
基本的には安倍氏に対する見方は「ナショナリスト」のようではあります。(あくまでも、衰えた英語力での流し読みからの印象です)

[5647] 無題  上毛野すもの - 2016/09/21(Wed) 18:38
安倍首相に「地球市民賞」なるものを贈呈した「大西洋評議会」ですが(scopedogさんのブックマークから知りました)

同評議会ホームページにあった「70年談話」に関する記事です

http://www.atlanticcouncil.org/blogs/new-atlanticist/japan-abe

>the world was watching with baited breath to see how Japan’s nationalistic Prime Minister

と、nationalisticであるという(世間的な?)評価を示した上で(別段落で安倍氏がリビジョニストの影響下にあることも述べられています)

「70年談話」については

> It wasn’t a home run, but maybe a triple off the wall.

ホームランでは無いが3塁打という、文全体の調子としても高目の評価のようです。
ただ、「慰安婦」について「傷つけられた女性」に具体性が欠けていたといった指摘はされています。

[5646] 無題  ホドロフスキ - 2016/09/21(Wed) 08:14
橋下徹 @t_ishin
豊洲問題。今、日本中が誤解の嵐に飲まれている可能性が大きい。
盛土は汚染物質に蓋をするためのもの。汚染物質がなければ盛土は不要。
汚染物質が土壌や地下水に存在するのかどうかの確認がまず必要。
都のこれまでの対策では土壌にも地下水にも汚染物質は存在しないはず。

橋下徹 @t_ishin
豊洲問題。専門家会議、技術会議は条例に基づいて設置されているか。
条例に基づいていなければ最終決定権はなく、参考意見を聞く程度の集団だ。
条例に基づかない外部有識者集団が決定権を下すことは違法となる(多くの裁判例あり)。
なぜなら責任がないからだ。有識者会議を絶対視することは危険。

橋下徹 @t_ishin
豊洲問題。ほんと無茶苦茶になってしまった。豊洲ではもともと地下水は飲まない。
だから地下水対策は本来不要。今、シアンが検出されたと報道があるが、
飲まなければ何の問題もない。このような大混乱は、行政の素人の専門家会議が市場に
必要な安全基準をはるかに上回る現実無視の対策を提言したからだ

なんで橋下さんが豊洲移転を必死で訴えてるのかサッパリ分からないけど。
もし大阪で首長やってるときに同様のことがおきたら
「選挙で選ばれたわけでもない役人風情の独断専行」とメディアの前でバッシングしてるはず。
豊洲の件は↓こんなんだからガバナンス云々が大好きな人たちが擁護する話じゃないし。

発注時の市場長「仕様書読まず決裁印」 盛り土行う認識、歴代4人も同じ見解
>岡田氏は「中身を読まないまま押印した。盛り土をしないという内容とは思わなかった」と述べた。
>担当部署のトップが重要事項を把握しないまま、工事の発注を指示していたことになり、
>都の管理態勢の不備が問われそうだ。
http://www.sankei.com/politics/news/160921/plt1609210005-n1.html


[5645] 「雇用を奪う」対「日本を亡ぼす」  Teru - 2016/09/20(Tue) 23:56
クリントン大統領候補・安倍首相の会談にて、
TPPを想定した「雇用を奪うあらゆる貿易協定を阻止する」という、
米大統領候補側の主張が引用されていたり・・・

今の日本国内だと、TPP対応を理由にして、
既成の労働基準の方が液状化してもおかしくないのだが、
TPPという(主要米大統領候補が反対となった)手段の方が独り歩きし続けるのだろうか。

日米間ですら、遠からずTPPの扱いで「同床異夢」に直面せざるを得ないだろう。

更には「自業自得の人工透析患者」が、
「日本を亡ぼす」から「殺せ」なる記事がメディア掲載されてみたり・・・

1960年代のアメリカで、
技術的に継続した透析が可能になった途端、
「神の委員会」問題が生まれた歴史を繰り返しているとしか。
http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2003dir/n2547dir/n2547_06.htm#00

>「人工腎臓センター管理政策委員会」を「生と死の委員会」と呼んだが,
>いつしか,この委員会は「神の委員会」の名で知られるようになった。

>例えば,「3人の子どもの母親と,
>子どものいない偉大な芸術家と,どちらの社会的価値が高いか」
>などという問題に社会が合意できる客観的な解答を与えることなど不可能であり,
>「社会的価値」に基づいた医療資源の配分を容認することは,
>種々の社会的差別を容認することと同義になりかねない。

なお、戦後1965年以降に出生した者は、ほとんど医療機関での出産である為、
たとえ(特に男性の)自身の記憶に一度も大きな病歴が無くとも、
相当の社会的医療費負担の元で生まれてきたことになる。

出産が滞り無く進めば「健康保険や医療保険の対象外」と言われたりもするが、
そもそも医療機関での出産を担当する「産科医」の養成からして、
公費に相当程度支えられているのだから。

[5642] 無題  Apeman - 2016/09/17(Sat) 16:33
Teruさん

メディアも蓮舫バッシャーたちにフジモリ問題についての見解を問う、と
いった工夫すらしませんでしたからねぇ。誰か曽野綾子に聞きに行けよ!

[5641] 「大政翼賛」を「普通」に選ぼうとする、国内最大野党・・・  Teru - 2016/09/17(Sat) 14:27
2009年当時、
法務政策として「重国籍容認へ向け国籍選択制度を見直します。」を、
国政選挙で問うとしていたのが旧民主党・・・
http://www1.dpj.or.jp/policy/manifesto/seisaku2009/07.html

それが、「民進党」な内部の代表戦
(事実上、代表代行を代表にするかの争い)で、
国家主義者達が「党内敗北」目前に
「党代表選の延期も検討すべきだ」と
(民主党さんの思うとおりにはさせないぜ、な)産経らに呼応した挙句・・・

民進・松原氏、代表選延期検討を=蓮舫氏撤退求める声も
(2016/09/14-12:47)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016091400395&g=pol

民進代表選後に、在京メディア経由ですかさず「見解を発表」する、
本丸の日本国法務省と来た・・・

台湾出身者に中国法適用せず 蓮舫氏問題で法務省見解
2016/9/14 19:48
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS14H3Y_U6A910C1PP8000/

そして、民進党人事で取りざたされる「自民党化政権末期」の面々・・・

「民進代表は、究極的には日本国の代表になりうる」なる仮定が飛び交った挙句、
国籍法の方向を国政選挙(民進が、与党となるには事実上必須)で現に問う、
機会自体が奪われようとしている・・・

実に「美しい」までに大政翼賛の歴史を繰り返しているとしか。

#「大政」翼賛という文字にも、
日本の国体(体制)を特別視する意味付けが入っていましたので訂正。

[5640] 無題  Apeman - 2016/09/16(Fri) 11:04
>民新の原口一博議員が例の重国籍「問題」について、
>法務省回答を得たとの事。

投票結果みると、支持層の意向を見誤っていたのがこいつらであることは明白ですが、
蓮舫は蓮舫で「野田幹事長」とか言い出しているので、本当にもうどうしようもないです。

[5639] 補足  Teru - 2016/09/16(Fri) 07:01
>各人の「戸籍」が、
>1994年まで別の町の出生にされていたとの事。

「町が法的地位を得た1994年以降、
この町で生まれた子供には、
この町の出生証明書が交付されるようになりました。
しかし、それ以前に生まれた人は、
今も公的書類には、別の町が出生地として記載されています。
そのことが、法的な手続きや訴訟の際に、
たびたび大きな問題となるのです。」

なお、この町は「オジョルスク」と今は呼ばれている。

[5638] “秘密都市”の「普通」の人々  Teru - 2016/09/16(Fri) 06:36
City40 〜旧ソビエトの“秘密都市”を行く〜
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=160909

旧日本軍の(毒ガス製造拠点だった)大久野島の様に、
軍事機密上、地図から消されていたロシアの核関連都市の内情番組。

核開発のため国策で集められた者たちの子孫も、
そのまま囲われた都市で住むこととされ、
各人の「戸籍」が、
1994年まで別の町の出生にされていたとの事。

仕事は言いなりだが、核研究には没頭でき、
日常生活(外部で物不足でも、食品や住宅の量)は国策で不自由無いと。

さらに一生閉じ込められているのかと言えば、
許可制の旅行は認められている、
ただし、外部では都市名も(咎められるので)口にしない事と。

非常に示唆的だったのが、そういった境遇の現地における認識。
「(大家として)個人的には(人権擁護活動を)応援したいが、
あなたを追い出せという電話がかかってくるのだ」
「私たちはどこかで目をつぶってきました。
よその人には説明しがたい、ある種の誇りがあったからです。
秘密都市に住む者は優遇されていると思ってきました。
実際はそうではなかったのですが。
しかし、今現実に、ここを離れるのは困難です。」
「大方の人は現状維持派です。
将来が良くなろうと悪くなろうと放っておいてくれ。
今の静かな生活を、邪魔しないで欲しい、とね。
つまり、無関心です。」

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |

No 削除キー

- COM BOARD -