| トップ | 留意事項 | 検索 | 管理 |

Apes! Not Monkeys 掲示板


[5607] Re.:5605  匿名 - 2016/09/01(Thu) 10:53
>カミオカンデ
もともとカミオカンデ(初代の)は、陽子崩壊を観測するために造られた施設であって、しかし想定された発生確率ではまったく観測されなかったことから、結局は陽子崩壊という理論は否定という結論に至ったわけです。超新星爆発によるニュートリノの観測というのは、あくまで当初目的外の偶然で得られた幸運であって、仮にその観測がなかったら、スーパーカミオカンデ設置という、つまりは設備増強=投資額の飛躍的増大がありえたか極めて疑問です。

一方で、原子力分野でありながら日本がほとんど関わっていない分野があります。医療用ラジオアイソトープであるモリブデン99製造という分野ですが、医療現場で必要不可欠であるのに国内ではまったく製造しておらず、全量輸入に頼っている。その製造元であるカナダやヨーロッパの原子炉は、既に稼動年数40年超ということで廃炉間近。産業利用に乗らない分野だと、原子力に対する日本の国策対応もこんな程度。

>「もんじゅ」は1ワットも発電せず、その見込もないのだから
既にTeruさんがお書きのように、”内部の人”はそうは考えてないわけですよね。

[5606] Re:[5604]  Teru - 2016/09/01(Thu) 09:51
「”ノーベル賞を受賞するだろう”といわれる類の研究」と言えば、
受賞前の山中教授が3年ごとに再審査の愚を、
省庁の人事という動機付け(自分のポストの手柄になるかで審査される)に
絡めて当時語っていたり(英語で外紙記事に)。

なお、「もんじゅ」は「経済性に関する目安を得ること」を目的に含む「原型炉」であって、
http://www.rist.or.jp/atomica/dic/dic_detail.php?Dic_Key=897
前段階の「実験的なデータを取得し、来るべき実用原子炉の設計・製作に向けて基礎資料を得るため」の、
「実験炉」には「常陽」があります。
http://www.rist.or.jp/atomica/dic/dic_detail.php?Dic_Key=1401
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=03-01-06-02

付言するなら、科技庁関係者は高速増殖炉の発案動機について、
「エネルギー安保」を口にしています。

これはWWIIにおけるドイツの「人造石油」に当たる位置づけで、
自前の技術力でエネルギーを国産化しておけば、
国策を有利に進められるだろうとするものです。

しかし、この「エネルギー安保」論は、
現にヒトラーのドイツが人造石油で戦争を継続するも、
更なる焦土を招いたことからも明らかな通り、
国策を誤らない方向性を、それ自体(いわゆる技術先進性)が持っている訳ではありません。

[5605] もんじゅ2  EzoWolf - 2016/09/01(Thu) 02:32
>>10年、20年と成果を出してない事業こそ最初にやるべきだと思う。
>それをやっちゃうと、いわゆる”ノーベル賞を受賞するだろう”といわれる類の研究がまとめてカットされるんですよ。

カミオカンデは五億の予算で1983年に完成。
1987年2月23日に超新星爆発で生じたニュートリノを世界で初めて検出。
他のノーベル賞受賞者だって、原子力分野のように甘やかされてはいないでしょう。


>「もんじゅ」も、産業政策としての原子力利用と切り離して純粋に物理学の一分野として研究したならば、技術的に無理筋として

意味不明です。「物理学の一分野として」というのは何をもって研究成果とするのですか。
原子力は工学研究なのですから、工学的に評価すればよいのです。
「もんじゅ」は1ワットも発電せず、その見込もないのだから、打切るよりないでしょ。


[5604] Re.:5603  匿名 - 2016/08/31(Wed) 11:00
>10年、20年と成果を出してない事業こそ最初にやるべきだと思う。
それをやっちゃうと、いわゆる”ノーベル賞を受賞するだろう”といわれる類の研究がまとめてカットされるんですよ。

かなり昔の話になりますが、立命館大学の安斉教授の話を聞く機会があって、大学などの研究機関での研究職の方々の知的好奇心と例えば核兵器開発といった研究題目の関係について質問したことがあります。なにぶん昔のことゆえ記憶が定かでないのですが、そういったよろしくない題目の研究を防ぐには、研究者どうしの敷居の低くて密な話し合いを常時やることが必要だ、というようなことをおっしゃっていたように覚えています。

私は理系の研究現場について、具体的な見聞は何も持ち合わせませんが、あらためて聴くべき言葉ではないかと思います。「もんじゅ」も、産業政策としての原子力利用と切り離して純粋に物理学の一分野として研究したならば、技術的に無理筋として中止という結論を導き出していただろうな、と希望的観測を持ってしまうのですが。

[5603] もんじゅ  EzoWolf - 2016/08/30(Tue) 19:19
前に事業仕分けのニュースを聞いたとき、悪くない話と思ったんだけど、
もんじゅをはじめとして原子力関係が真っ先に対象から外されて
おいおいと思ったね。

10年、20年と成果を出してない事業こそ最初にやるべきだと思う。

原子力関係の予算を他の科学技術の研究に廻した方がはるかに有意義だろう。

[5602] 無題  Apeman - 2016/08/30(Tue) 16:07
ホドロフスキさん

>飛行試験と設計変更を同時にすすめてて更に原因不明の不具合とか
>呪われてるというよりかは、起こるべくして起きている感じが。

同じ三菱グループだから、というわけじゃないですけどこれを連想しますね。
http://www.sankei.com/economy/news/160314/ecn1603140028-n1.html
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/matomonahunetukurenumitubisijukou.html

><もんじゅ>10年で6000億円 政府試算、廃炉含め検討

こういう時って本当に「財源は?」マンって役に立たないですね(笑)
築地市場移転問題でこんなツイートが。

>施設の不具合は実際に稼働してみないと分からない。だからまずは移転。
https://twitter.com/t_ishin/status/770473247192313857

でもいざ不具合でたところで誰も責任取らないことはもんじゅ見てたらわかり
ますからね。うさんくさい事業すすめる側からすれば事前にきっちりチェック
されるのが困るのはよくわかりますけど。

[5601] 無題  ホドロフスキ - 2016/08/30(Tue) 08:12
<もんじゅ>10年で6000億円 政府試算、廃炉含め検討
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160829-00000002-mai-sctch

もんじゅでまた不適切案件…休止扱いのタンク6年超使用、廃液処理
http://www.sankei.com/west/news/160829/wst1608290084-n1.html

まともな運営主体の引き受け手なんていないんだから
止めるしかないと思うんだけど続くんですかねぇ
この事業を文科省が続けてるというのが罪深い。

[5600] 無題  ホドロフスキ - 2016/08/30(Tue) 07:42
MRJその後

MRJ 仕切り直しも失敗 再び名古屋に引き返す
http://mainichi.jp/articles/20160828/k00/00e/020/133000c

2度引き返しのMRJ、不具合究明急ぐ 米拠点の開所式影響も
>9月9日には米ワシントン州モーゼスレイクの空港にある試験拠点で開所式を予定しており、
>大勢の地元関係者らを招待している。試験機は数カ所を経由して3〜4泊の航程で米国に渡るため、
>機体の到着を間に合わせるには、9月上旬には出国する必要がある。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ29IGX_Z20C16A8TJC000/

MRJ 米への再出発は来月下旬以降の見通し
>開発を進めている三菱航空機は、原因を調べていますが、関係者によりますと、
>外国製の部品を取り寄せたり、途中で経由するロシアの航空当局から上空の通過や
>空港の使用の許可を取り直したりするのに時間がかかるということです。
>このため、アメリカに向けた再出発は来月下旬以降にずれ込む見通しになりました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160830/k10010658351000.html

飛行試験と設計変更を同時にすすめてて更に原因不明の不具合とか
呪われてるというよりかは、起こるべくして起きている感じが。

[5599] 掲示板アドレス移行  Apeman - 2016/08/29(Mon) 20:15
ニフティのサービス内容変更に伴い、この掲示板のアドレスを以下のように変更いたします。
http://apesnotmnnkeys.my.coocan.jp/
はてなダイアリーからのリンクもすでに変更してありますので、そちらから辿っていただければ
結構です。

[5598] 無題  ホドロフスキ - 2016/08/28(Sun) 07:57
MRJ 飛行試験に向け米国へ飛び立つも直後に引き返す
>MRJは、27日、実用化に向けた本格的な飛行試験にのぞむため、
>愛知県の空港からアメリカに向けて飛び立ったものの、
>空調機器を再点検する必要が生じたとして急きょ、引き返す事態となりました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160827/k10010656171000.html

本当に空調の再点検だけなら今日にも飛べそうな気もしますが...
今日を逃すと台風がきちゃうからそれもちょっと厄介な気が。
重量オーバー問題のほうは↓

米納入MRJが重量オーバー 解約回避へ軽量化着手
>MRJは、米航空会社とパイロットの労使協定による機体の重量制限を超えており、
>このままでは営業運航ができない恐れがあった。解約を回避するため、
>搭載燃料や座席数の削減、機体の一部を改善して対応する。
>……
>ただ、それでも重量削減のめどが立たない場合は部品を軽量化するなど、
>設計を一部変更する必要がある。その場合は安全性を認証する「型式証明」を
>追加取得しなければならず、納期が遅れる可能性もある。
http://www.sankei.com/economy/news/160824/ecn1608240006-n1.html

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |

No 削除キー

- COM BOARD -