| トップ | 留意事項 | 検索 | 管理 |

Apes! Not Monkeys 掲示板


[5597] 無題  Apeman - 2016/08/25(Thu) 14:48
Teru さん

>(地震を兵器扱いする与党議員も居る位)

「あれは生物兵器だ」と言い張ればいいわけですね。

[5596] 「虚構」には現実性を匂わせてみせるが・・・  Teru - 2016/08/23(Tue) 07:23
石破茂元防衛相が「シン・ゴジラ」に言及 「ゴジラに対する自衛隊の防衛出動は理解できない」
「害獣駆除として災害派遣で対処するのが法的には妥当」との見解。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1608/22/news131.html
>石破氏は「いくらゴジラが圧倒的な破壊力を有していても、あくまで天変地異的な現象」と指摘。
>自衛隊法に規定された「国または国に準ずる組織による我が国に対する急迫不正の武力攻撃」ではないとし、
>「害獣駆除として災害派遣で対処するのが法的には妥当」と述べています。

自衛隊のアフリカにおける「新任務」とか、
「意に反する」徴兵制の可能性といった「現実」には、
今後、政府シナリオ以外の「別の可能性」に言及したりするのかな・・・

「飛翔体」よろしく、他国の介在が予見されるとなれば、
今の「我が国」にとっては十二分に、
「国または国に準ずる組織による我が国に対する急迫不正の武力攻撃」扱いされるでしょうね(地震を兵器扱いする与党議員も居る位)・・・

[5595] 無題  Apeman - 2016/08/20(Sat) 16:49
ホドロフスキさん

>エジプトの一選手の行動をアラブの「病気」呼ばわりし

これ、日本で言えば「反日という韓国の病気」「反日という中国の病気」みたいな
もんですよねぇ。モスクワ五輪のボイコットはアメリカの病気なんだろうか。

>すごく全うなコメントだしてました。

自分、ないし身内が逮捕されるとみんな被疑者の権利を熱心に擁護始めるのは保守の
伝統芸みたいなもんですねw

Teru さん

>まず日本のポツダム宣言受諾は一筋縄では無く、
>「厚木航空隊の反乱」その他、徹底抗戦派の動きが相当程度あった中で、
>「絶対的な支障がない」と言えるのか。

言えなかったでしょうね。
加えて現憲法制定の手続きは大日本帝国憲法の改正として行われているので、
その限りで「占領地の現行法律を尊重」してますしね。

[5594] 前提を抜きにする「識者」にはまる、元外交官  Teru - 2016/08/20(Sat) 00:04
ハーグ陸戦条約をつまみ食いして、
日本国憲法制定は条約違反と言い出す「投稿」に乗せられる「元外交官」

米国のハーグ陸戦条約違反を教えてくれたバイデン発言
http://xn--gmq27weklgmp.com/2016/08/19/post-5202/
>その第43条は次のように規定されている。

>国の権力が事実上占領者の手に移った上は、
>占領者は絶対的な支障がない限り、
>占領地の現行法律を尊重して、なるべく公共の秩序及び生活を回復確保する為、
>施せる一切の手段を尽くさなければならない。

>その投稿者は、識者の間では、
>米国が日本憲法の作成に圧力をかけた事は
>このハーグ陸戦条約に違反すると考えられていると教えてくれている。

「識者」が誰か伏せられている(投稿自体から?)のがいかにも。

まず日本のポツダム宣言受諾は一筋縄では無く、
「厚木航空隊の反乱」その他、徹底抗戦派の動きが相当程度あった中で、
「絶対的な支障がない」と言えるのか。

また、そもそもポツダム宣言の六・七条にて、
「日本国国民ヲ欺瞞シ之ヲシテ世界征服ノ挙ニ出ツルノ
過誤ヲ犯サシメタル者ノ権力及勢力ハ永久ニ除去」
「右ノ如キ新秩序カ建設セラレ且
日本国ノ戦争遂行能力カ破砕セラレタルコトノ確証アルニ至ルマテハ」占領とあるのを承知で、
受諾という選択をしたのは「大日本帝国」自身である。

旧帝国憲法で「統帥権の独立」により、
国軍が他機関と異なり、天皇直属とされ制度的に独断の温床となった。
その軍の「権力を永久に除去」し、「新秩序を建設」するとなれば、
「改憲」に至ることは避けがたいであろう。

いかにも「公共の秩序」大好きな「識者」が居たものだ。

[5591] 無題  ホドロフスキ - 2016/08/19(Fri) 05:54
テレンス・リー容疑者ら再逮捕 応援演説で買収の疑い
> 幸福実現党は「このような事案での再逮捕・長期勾留は人権侵害であり、
>民主主義の危機を感じる」とコメントしている。
http://www.asahi.com/articles/ASJ8J5647J8JUTIL02P.html

幸福実現党、トクマ、テレンス・リーと、登場人物だけで喜劇感あるけど
すごく全うなコメントだしてました。
幸福の日頃の言動に対してもいい言質にもなりそう。

[5590] 無題  ホドロフスキ - 2016/08/19(Fri) 05:47
【オピニオン】五輪柔道での非礼が映し出す「アラブの病気」
http://jp.wsj.com/articles/SB10153442616204504109704582256901226574204

エジプトの一選手の行動をアラブの「病気」呼ばわりし
イスラエルやアメリカが行ってきたことをスポイルして
一方的にアラブ世界を批判する最近ではあまりみない論調。
WSJて共和党支持で政治的には保守的なイメージがありましたが、
ここまで露骨でしだっけ?

記者のブレット・スティーブンスは少し前にこんなオピニオン記事を

【オピニオン】原爆投下を神に感謝
http://jp.wsj.com/articles/SB10685294686418064255204581155343159278736

[5588] 無題  Apeman - 2016/08/07(Sun) 20:48
上毛野すものさん

>その根拠となっているのが「ミトロヒン文書」なるもののようなのですが

その文書の件は初耳なのですが、いずれにしても日本軍「慰安婦」問題にとっては
しょせん「対人論証」に過ぎない、と片付けておくのがよさそうですね。

[5587] この「抜け」ぶり  Teru - 2016/08/06(Sat) 05:17
Windows 10無償更新「終了」のはずが……障がい者向け措置が“抜け穴”に? 一般ユーザーはどうなる
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1608/05/news148.html
>「厳密に利用者の状況を確認する、というのは何か違う気がしている。
>ユーザーの善意を信じており、必要としている方にWindows 10で
>最新のアクセシビリティー機能をご利用いただきたい」

LGBTであること知られ自殺した学生の両親が大学を提訴
8月5日 20時39分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160805/k10010623021000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001

MSのソフトウェアライセンス体系が、しばしば寡占企業の都合によるユーザーの「損得」感情を巻き起こすとはいえ・・・
「一般」を前提に書きたがる(だがPC長時間使用で、視認性改善ネタが定番の)メディア人とは・・・
これも、今の自公体制に戻る手前から強化された、上からの「不正受給」糾弾論と同根なのか。

今日提訴でニュースになった後者の事案の扱い方でも、
NHKと、朝日(見出しに丸出し)あたりで問題認識度が相当違いそうだ。

[5586] 「スパイ」関係の話はどうしてもトンデモを警戒してしまいます  上毛野すもの - 2016/08/05(Fri) 20:26
先日こちらに書き込みさせていただいた「論文」ですが
1970年代日本共産党はKGBの「延長支部」だったのであり、党員である吉田清治もKGBのために働いていたのだという内容が出てきまして

その根拠となっているのが「ミトロヒン文書」なるもののようなのですが

参考
http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/archives/2386
http://matome.naver.jp/odai/2143793162904430601

コズロフスキー「論文」でその部分の参考文献とされている書籍
The World Was Going Our Way: The KGB and the Battle for the the Third World: Newly Revealed Secrets from the Mitrokhin Archive

参考に挙げたサイトやウィキペディアなどもこの書籍を元にしているようです
著者はアマゾンの同書籍ページによるとケンブリッジ大学の近現代史の教授のようで

コズロフスキー「論文」や、「ミトロヒン文書」で検索すると出てくる多くの“アイコク”サイトは置いておくとして

2006年出版で(少なくとも日本で)「トンデモ」といった指摘はなく、逆に「近現代史を覆す大発見」といった扱われ方もされていないことを考慮すると
この書籍事態はある程度信頼してもよい(常識的な内容の)ものなんでしょうかね

[5585] 高度な連想力が求められる、一般向け「企画」  Teru - 2016/08/04(Thu) 22:12
時間帯的に私は録画できなかった、協会の「午前バラエティー?」枠。

>8月4日
>外国人に聞く「戦争」
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/160804/1.html
>平和を奪われたら、私たちの暮らしはどうなってしまうのか?
>何が戦争や内戦のきっかけになるのか?
>母国で戦争などによって平和を奪われ、日本にやってきたという外国人の方にお話を伺いました。

>また、中東諸国で、難民になってしまった女性や子どもたちを支援するNPOに取材し、
>戦争によってお母さんたちや子どもたちに心の問題が生じている現状についてもお伝えしました。
>さらに、戦争に行くことによる心の傷についても、
>元アメリカ兵の声を通して考えました。

>「日本より平和」といっていたシリアの暮らし。
>5年前に平和的な民主化デモが、政府の発砲で死者が出たことをきっかけに戦闘へとエスカレート

>例えば、アウン・サン・スー・チーさんのことをちゃんと知ることが出来たのは、
>日本に来てからだ、といいます。母国では、悪口しか書かれておらず、実像が全くわからなかったのだそう。

>「学費目的で州兵に登録したのに、いつの間にか戦争に行くことになった」、
>「戦闘には参加しなかったが、イラクの人たちに無礼なことをした経験が、
>戦地から帰ってきても心の傷になっている」といった体験

今の協会は、時事ニュース枠だと閣僚人事における稲田防衛相の経緯について、
「小泉政権時代の郵政選挙で、今の安倍首相によって政界に抜擢された。」
なる「お仲間」アピールで済ませたりする。

すでに、独描写を使わないとソ連の衛星体制を描けなかった「ポーランド映画」な、
状況に、まさに陥っているのではないか。

今の「国内」だけでも、「日本国籍以外の、在住者」を通じて顕在化しつつある、
「きっかけ」には(例の都知事選で、10万票台な候補ら含め)満ち満ちているので・・・

この時期、この内容を一般向けに流す背景には、
視野を「普通の日本人」に限らずに、これからに対応して欲しいという真意がありそうです。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |

No 削除キー

- COM BOARD -