| トップ | 留意事項 | 検索 | 管理 |

Apes! Not Monkeys 掲示板


[5615] 無題  匿名 - 2016/09/03(Sat) 16:51
この本
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163905143

予備知識のない・あるいは過少な人・・・が、「あった」「なかった」論を俯瞰するにはそれなりにわかりやすいとは思う。
とは言うものの、テレビ番組の書籍化としては読者(特にその番組を見ていない層)に不親切ではないかと思う。というのも、写真や図面がごくわずかしか掲載されてないから。これがNHKだったら、オンエアされた番組画面のキャプチャー画像がたくさん掲載されているところだろう。

余談ながら、著者の取材過程の記述を見るに、否定論に対抗するための論証が、いわば「車輪の再発明」であることを思わずにはいられない。国内でそういう勢力が政権を握り論壇で幅を利かせているからとはいうものの、なんとも不毛なことだと言わざるを得ない。

[5614] とうとう・・・  Teru - 2016/09/03(Sat) 01:15
ロシアでの安倍プーチン会談の方が、
死者二桁の被災対応より優先される事態に・・・

ウクライナに手を突っ込んでいるようなプーチン体制が、
日本に「領土」で譲る可能性(期待)とは、そこまで強固なものなのか?

それとも、「ロシア経済分野協力担当大臣」新設他、
新たな地位創設・経済的動きに、
それだけの旨みがあると公然と示したという事か・・・

[5611] Re.:5610  匿名 - 2016/09/02(Fri) 09:56
>ならばなおさら〜
当然ですね。むしろ、純粋に新自由主義を推進する立場の方のほうが、そう考える可能性が高いのではないかと。

そうなっていないのはもちろん、莫大な税金が投入されているから。政権党による、その種の税金投入の可否の判断には、いうまでもなく軍事利用という(新自由主義によっても国の介入が容認される)”錦の御旗”がある。

ホント、「国が余計な介入をする」と、ろくなことにならないですね。

[5610] 無題  うちゃ - 2016/09/02(Fri) 08:32
>真の採算性などまったく度外視で突っ走ってしまうこと、みなさまよくご承知のとおりです。
ならばなおさら止めた方がいいのでは?

[5609] Re.:5608  匿名 - 2016/09/01(Thu) 20:05
>産業として成立するか
タテマエとしてはもちろんそうです。
ところがこの日本という所では、産業界の後ろ盾のもと国策として採用されてしまうと、真の採算性などまったく度外視で突っ走ってしまうこと、みなさまよくご承知のとおりです。

[5608] 無題  うちゃ - 2016/09/01(Thu) 18:24
原型炉で検証する事って、産業として成立するか、つまり投入したコストに対して相応の見返りが得られるかということですよね。
この投入コストの中には検証のコストも含まれるわけですから、
検証期間が長引けばそれだけハードルが上がって行く事になります。
いつまでかかるかわからないけど、費用をつけておこうというタイプの研究ではないと思うのですが?

[5607] Re.:5605  匿名 - 2016/09/01(Thu) 10:53
>カミオカンデ
もともとカミオカンデ(初代の)は、陽子崩壊を観測するために造られた施設であって、しかし想定された発生確率ではまったく観測されなかったことから、結局は陽子崩壊という理論は否定という結論に至ったわけです。超新星爆発によるニュートリノの観測というのは、あくまで当初目的外の偶然で得られた幸運であって、仮にその観測がなかったら、スーパーカミオカンデ設置という、つまりは設備増強=投資額の飛躍的増大がありえたか極めて疑問です。

一方で、原子力分野でありながら日本がほとんど関わっていない分野があります。医療用ラジオアイソトープであるモリブデン99製造という分野ですが、医療現場で必要不可欠であるのに国内ではまったく製造しておらず、全量輸入に頼っている。その製造元であるカナダやヨーロッパの原子炉は、既に稼動年数40年超ということで廃炉間近。産業利用に乗らない分野だと、原子力に対する日本の国策対応もこんな程度。

>「もんじゅ」は1ワットも発電せず、その見込もないのだから
既にTeruさんがお書きのように、”内部の人”はそうは考えてないわけですよね。

[5606] Re:[5604]  Teru - 2016/09/01(Thu) 09:51
「”ノーベル賞を受賞するだろう”といわれる類の研究」と言えば、
受賞前の山中教授が3年ごとに再審査の愚を、
省庁の人事という動機付け(自分のポストの手柄になるかで審査される)に
絡めて当時語っていたり(英語で外紙記事に)。

なお、「もんじゅ」は「経済性に関する目安を得ること」を目的に含む「原型炉」であって、
http://www.rist.or.jp/atomica/dic/dic_detail.php?Dic_Key=897
前段階の「実験的なデータを取得し、来るべき実用原子炉の設計・製作に向けて基礎資料を得るため」の、
「実験炉」には「常陽」があります。
http://www.rist.or.jp/atomica/dic/dic_detail.php?Dic_Key=1401
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=03-01-06-02

付言するなら、科技庁関係者は高速増殖炉の発案動機について、
「エネルギー安保」を口にしています。

これはWWIIにおけるドイツの「人造石油」に当たる位置づけで、
自前の技術力でエネルギーを国産化しておけば、
国策を有利に進められるだろうとするものです。

しかし、この「エネルギー安保」論は、
現にヒトラーのドイツが人造石油で戦争を継続するも、
更なる焦土を招いたことからも明らかな通り、
国策を誤らない方向性を、それ自体(いわゆる技術先進性)が持っている訳ではありません。

[5605] もんじゅ2  EzoWolf - 2016/09/01(Thu) 02:32
>>10年、20年と成果を出してない事業こそ最初にやるべきだと思う。
>それをやっちゃうと、いわゆる”ノーベル賞を受賞するだろう”といわれる類の研究がまとめてカットされるんですよ。

カミオカンデは五億の予算で1983年に完成。
1987年2月23日に超新星爆発で生じたニュートリノを世界で初めて検出。
他のノーベル賞受賞者だって、原子力分野のように甘やかされてはいないでしょう。


>「もんじゅ」も、産業政策としての原子力利用と切り離して純粋に物理学の一分野として研究したならば、技術的に無理筋として

意味不明です。「物理学の一分野として」というのは何をもって研究成果とするのですか。
原子力は工学研究なのですから、工学的に評価すればよいのです。
「もんじゅ」は1ワットも発電せず、その見込もないのだから、打切るよりないでしょ。


Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |

No 削除キー

- COM BOARD -