| トップ | 留意事項 | 検索 | 管理 |

Apes! Not Monkeys 掲示板


[6055] 無題  Teru - 2017/07/13(Thu) 23:32
>衣食住は雇い主持ちの慰安婦

これも、実態は「前借」で、
さらに言い値(衣食住を不当に高く設定するのが、この手の業界の常態)で「経費」を取られており、
戦前でも「借金の形を借りた奴隷的拘束」という評価もあったのでは。

他方、軍服や兵舎の為に、
(国債レベルはともかく、個人で)借金をした日本兵はいなかったでしょう。

[6054] 無題  Teru - 2017/07/13(Thu) 22:09
Re:[6052]

金額という「結果」を強調するのにも問題があって、
通貨「変更」や「一度に可能な送金額」といったプロセスにおける「縛り」を、
(プロセスが増えるほど、戦争の影響を受ける)抜きにしているのでは。

[6053] 無題  Teru - 2017/07/13(Thu) 22:05
Re:[6050]

>「閉じた経済圏」に対するツッコミ

当時、まとまった金額を送金する主たる目的は、親族の扶養が考えられます。

この点、
「内地」出身の軍人の「内地」への送金と、
「外地」出身の者の「外地」「内地」への送金の、
制限の強弱を調べて、指摘しては。

元々、
>当時は「外地」と「内地」は通貨(『圓の戦争』など参照)自体を国策で変えて
の目的が、外地のインフレの内地波及の防波堤とする為なので、
帝国においては、「外地」関係の方が、
特に大金を動かす制限は厳しくしていたでしょうから。

シンガポール・ラングーン・朝鮮半島・日本本土(内地)では、
現地通貨も変えていたはずで、互いに金融の「関所」を設けていたのではないかと。

[6052] 無題  上毛野すもの - 2017/07/13(Thu) 21:56
すみません「送金」に関して以下のような返事が来ていたので一応それもこちらに書きこみさせていただきます

https://twitter.com/MituzoJ/status/885151672934187008
>管理人自体が自分のためにラングーンの野戦郵便局でも南方開発銀行でも送金してる、シンガポールで慰安婦にも送金してる、文玉殊はタイで実家に5000円送金したと自分で言ってるで、みんな十分送金できてるじゃねーか

[6051] 無題  Teru - 2017/07/13(Thu) 21:40
「私は多様性の象徴」民進党・蓮舫代表、二重国籍問題で18日に会見
2017.07.13 15:40
https://thepage.jp/detail/20170713-00000004-wordleaf?pattern=2&utm_expid=90592221-74.59YB6KxJS6-oVPGhgabD7Q.2

>戸籍に関する公表は「個人のプライバシーに属するもの。
>差別主義者に言われて公開することは絶対あってはならない」と言明

>戸籍そのものではないが
>「すでに台湾の籍を有していないことが分かる部分をお伝えする準備がある」

>二重国籍問題をめぐる自らの説明が「二転三転した」ため、
>説明するとした。

キーワードからして、(法的に)有力な指摘・助言を得たとは思われるものの・・・

「二転三転」したのは、国籍に関連して前提となる、
日本らの国策(国交正常化の前後など)の方なのだが・・・

仮に「台湾籍失効」絡みの何かを示すとしたら、
それはそれで基本的人権の地割れにつながりかねないなと・・・

[6050] Re:[6049]  上毛野すもの - 2017/07/13(Thu) 21:23
Teruさん
>そのような技巧的な否認論に、現に遭遇されたのでしょうか。

いえ、まだそこまでには遭遇していないのですが、各所で顔を出す「慰安婦の収入」氏のような人物に
Twitter上で出会いまして、やりとりする中で、ほぼ「慰安婦の収入」氏と同じ論
(「南方占領地域における為替管理関係」でもって、最低でも200円、許可さえあればそれ以上送金できるという論、「赤猫」さんが法華狼さんの所でその間違いはきっちりと指摘されていましたが)
に「管理人の日記」の内容を少し加えたような論法で「インフレ説」の否定をしようとしてきたので、改めて私も調べ直している中で

http://ianhu.g.hatena.ne.jp/bbs/14/38
こちらの永井先生がまとめてくださった表を拝見していて「管理人の日記」において送金が許可された
時期(昭和19年)のシンガポールのインフレ率が高かったことから、先述のような論法を用いる否定論者も
現れる可能性はあるのかな?と考えた次第です。

正金銀行の性質については、特殊な地位にあるであろうことは何となく感じていましたが
詳しくは知りませんでした。ご教示いただきありがとうございます。

ちなみに、
最初は下記2つのツイートでした

@mituzo
>ふ〜ん、現地はインフレだから慰安婦は低収入ねw。慰安婦と軍人は閉じた経済圏の中にあって「現地経済」の影響は受けない思うけど?
>もうさ〜、誰が言い出したんだか分からない「ハイパーインフレ」説が蔓延してるけど、衣食住は雇い主持ちの慰安婦にとって、貯めた金で現地で商売でもしない限り「現地経済の影響」は受けないから

(「閉じた経済圏」に対するツッコミを忘れていましたので次あたりにその指摘をしようかと思います)

現状この辺や
https://twitter.com/MituzoJ/status/885159345003970561
この辺です
https://twitter.com/MituzoJ/status/885153427474440196

[6049] 無題  Teru - 2017/07/13(Thu) 11:25
Re:[6047]

>すでに否定論で使われている「管理人の日記」ですが
>1944年12月4日に
>「正金銀行に行って

戦中の「外地」の「正金銀行」自体が、
事実上、軍票の様に現地通貨を刷る、満州「国」みたいな金融支配装置でした。

>インフレを理由に送金できないという説は間違いだ>

>と言うのではないかと思うのですが、この場合への反論として

そのような技巧的な否認論に、現に遭遇されたのでしょうか。
否認論の動機からして、「事実であろうと無かろうと」式がベースではないかと。

その上で、当時は「外地」と「内地」は通貨(『圓の戦争』など参照)自体を国策で変えており、
日本本土で、そのまま使えない様な「金銭価値」とは何か?という事では。

例の「戸籍出せ」民進党内議員団に関連して・・・

蓮舫バッシングと「ガラスの天井」――「日本人の証明」と社会への信頼
韓東賢 | 日本映画大学准教授(社会学)
7/12(水) 10:19
https://news.yahoo.co.jp/byline/hantonghyon/20170712-00073199/

>蓮舫氏自身、今回のことがあるまで本当に何の疑いも持っておらず、
>このような問題が生じる可能性についてまったく考慮の外だったように思う。

既に、石原元都知事の黒シール事件の扱いともども、「前時代」の様になってしまっていますが、
蓮舫議員に対して「元々日本人ではない」といった事を放言して「失言」扱いされた、
当時の新党関係議員が居た記憶があります。

この「予兆」を示した議員は誰か?指摘できる方がおられましたら、ご教授ください。

[6048] 無題  Apeman - 2017/07/12(Wed) 21:46
ちょっと数日間多忙なため、週明けくらいにお返事させていただきます>皆様。

[6047] 資料を見ている否定論者が使うかもしれない論法として  上毛野すもの - 2017/07/12(Wed) 17:57
すでに否定論で使われている「管理人の日記」ですが
1944年12月4日に
「正金銀行に行って金○守の許可済みの送金1万1,000円を送金してもらった。」

というものがあります。調べていない否定論者はこれだけで高給説を唱えていますが
多少なりとも調べる否定論者がこの時点でのシンガポールとラングーンのインフレ率を用いて

<同じようにインフレしているのに送金許可が出ている。ならば文玉珠貯金が
インフレを理由に送金できないという説は間違いだ>

と言うのではないかと思うのですが、この場合への反論として

・scopedogさんのおっしゃっていた「強いて言えば為替差益に過ぎず、慰安婦で儲けたわけじゃありません。」

・文玉珠さんの収入は「慰安婦」の仕事によるものではなく、同じ「管理人の日記」で具体的な送金額がある
 金○先さん(同年10月)は600円となっていることから、金○守さんの収入も「慰安婦」以外のものによる可能性も大いにあり
 いずれにしろ「慰安婦高給説」にはつながらない

といった、結局のところ高給説の根拠とはならないことを示すのがよいのでしょうかね?

[6046] 無題  Teru - 2017/07/11(Tue) 21:34
>#現憲法では、差別禁止条項である14条のみならず、
>議員の資格について定めた44条にも、
>念押しで

これ、大日本帝国における二院制の片方が「貴族院」であって、
帝国憲法34条が「貴族院ハ貴族院令ノ定ムル所ニ依リ
皇族華族及勅任セラレタル議員ヲ以テ組織ス」とある事を意識しているかと。

在位中の天皇(大権あり、勅令も出せる)のみならず、
貴族院議員も「生まれ」の尊卑を前提とした立法関係者でしたから。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |

No 削除キー

- COM BOARD -