| トップ | 留意事項 | 検索 | 管理 |

Apes! Not Monkeys 掲示板


[5829] 無題  書を守るもの - 2017/01/31(Tue) 19:08
菊池誠氏がついに歴史修正主義に一歩踏み出したようです。

”「語り部」問題というのはたぶん本当にあって、人前で何度も話していると体験とそうでないことの区別がつかなくなってくるのではないかと思う。実際、戦後70年以上だから、今80歳のかたでも実際には10歳以下で戦争を体験しているわけで、その記憶が信頼できるとは思えない”
https://twitter.com/kikumaco/status/825867813902430208

[5828] 無題  Apeman - 2017/01/31(Tue) 11:15
彼女の名前を見るたびこの記事を思い出してしまいます。
https://dot.asahi.com/wa/2016052600056.html

私のタイムラインでは三浦氏ほど話題になってませんでしたが、
「心の狭い学究」も“客観的に情勢を分析しているだけ”ごっこを
してましたね。

[5827] 無題  Teru - 2017/01/30(Mon) 09:40
>著書には書いてあるのかな?

東洋経済「高橋亀吉賞」三浦夫婦ダブル受賞の、中身がこちら。

2010年度 第26回 高橋亀吉記念賞

佳作
三浦 清志 氏 (経営コンサルタント)         
「社会保障分野を成長エンジンにするための戦略文化改革」
http://www.toyokeizai.net/corp/award/takahashi/2010/kiyoshi.php

>経済、財政、社会保障の連立方程式を解く鍵は、シンプルである。
>社会保障が民間の産業として花開くことである。
>つまり、社会保障が民間主体(もちろんその中心は民間経済の主要な担い手である株式会社)によって担われ、
>政府(財政)の負担によらずに収益を上げることで、
>多くの雇用を生んで経済を支え、最終的には税収という形で財政に貢献することである。

>少し考えればわかることであるが、介護の分野で雇用を伸ばしても、
>その大部分が税金によって賄われているとすれば、それは産業ではなく、公共事業の一形態でしかない。
>しかも、それはインフラへの投資として将来にわたって便益を提供するのではなく、
>その場で消費されるので、経済と財政と社会保障の矛盾を中長期的に拡大させることになる。

>つまり、政府は民間企業と異なり、経済のルール変更を通じて経済の活性化や効率化に貢献できるが、
>このような施策にはほとんどお金がかからないということである。
>規制緩和が成長戦略の一丁目一番地であるべき所以である。

佳作
三浦 瑠麗 (法学博士、東京大学大学院法学政治学研究科 
 ポスト・ドクトラル・フェロー)
「長期的視野に立った成長戦略―ワーキングマザー倍増計画」
http://www.toyokeizai.net/corp/award/takahashi/2010/rui.php

>政府に求められていることの大半は、
>適切なインセンティヴを付与し、不健全な構造を是正する仕組みづくりなのである。

>経済効果から考えても、親に少額のお金をばら撒いても
>それが生活の日用品や貯蓄に回ることはほぼ確実であり、
>ましてや規制を緩和することなしに育児関連産業の活性化に繋がるわけがない。

>民主党の政策が真の問題=規制の結果としての保育所不足を解消しないままに
>女性間の保育所獲得競争を激化させる結果しか招いていないという点である。
>幼稚園の空きは比較的あるのになぜ幼保一体化にとりくまず、なぜ参入規制をもっと緩和しないのか。
>これらの改革にはほとんどお金がかからないにも拘らず、
>政府は厚生労働省による意味のない規制と管理から生まれる、不合理な高コスト構造を放置している 。

外務省から、早々に経営コンサルタントに転身している夫側の、
経営者気分な発想(規制の趣旨には、しばしば過当競争に対する人権保護があるはずだが)は強調するまでもありませんが・・・

当時の「三浦 瑠麗」氏側の主張には、「(7)非嫡出子への差別廃止」が含まれ、
「いわれのない不当な差別であるから、即撤廃すべき」と書いてはいるものの、その論拠においてまたも、
「守られていない利益を守ることによって生みやすくなる人が少数だが出てくることもまた事実だろう。」
「利益」がキーワードに。

[5826] 無題  Teru - 2017/01/29(Sun) 11:53
>「アメリカ(や米軍)は高度でテクニカルな判断をしている」
>それを(私はわかってるけど教えないんで)みんなで考えて。

日本語ネット上には
「チーム三浦瑠麗(35)始動!女性東大話法とジャパン・ハンドラーズたち」なる、
「彼女の人脈を深堀り」したという文面があります。

そこから浮かんでくるのは、
三浦氏が「有識者」(大学関係の常勤ならずとも、各紙で“食っていける”、立場まで)に辿り着く前から、
東洋経済「高橋亀吉賞」夫婦同時受賞(先に、外務省関係者と学生結婚とか)といった、
利益相反を遠ざけるよりも「立身出世」をはっきり選んできたキャリア形成過程です。

その「選んだ」バックが、
アメリカでいえば(表面話法では無く根本において)ネオコン的な価値観、
日本でいえば「改革」官僚の類の、代弁者となれば、
当人も、希望は戦争ならぬ「むしろ、希望は徴兵制」位のことは吹っかける、
日米支配層やメディアの「ソフトタッチな代弁者」を選んでいるのだろうなと。

#徴兵制と民主制を「血のコスト」を介して、親和的に捉える論の基盤には、
米仏ら「市民革命経験」が歴史上あると考えられますが、
三浦氏が「代弁」するにあたっては、
日本では昔も今も(日中戦争に代表されるように)
徴兵といえば、「国が民から、さらに血税を絞るシステム」でしかなかったという、
本邦の歴史的経緯は視野の外であるようです。

[5825] 無題  ホドロフスキ - 2017/01/29(Sun) 09:00
三浦瑠麗 Lully MIURA @lullymiura
NJの移民二世のテロのような犯罪を防ぐため、
民族選別による協力強化の要請も次々とムスリムコミュニティに伝えられるはず。
他方で帰属意識のあるアメリカ国民に対しては、政府が面倒を見るという発言が増え、
税(国境税のように)まで新しく掛けてまで公共事業や社会福祉の拡大が行われるはず。
https://twitter.com/lullymiura/status/825370657345064961

上がトランプの一連の排外政策に関する三浦さんのコメント
少し前に経済情報番組にでていたときのトランプ評が

>暴言の数々でよく分からない実現不可能なことをだしているように見える
>そう見えるんですが、私は全てトリックだと思っていて
>本当にやりたい経済改革のために人々の嫉妬をわざとあおってみたりだとか
>そこにはすごく醜い部分もあるんだけれども
>劇的な改革をするためには仕方がないだろうという話で
>だから真の目的が隠されていると
>その真の目的を理解しなければ日本は置いてかれてしまう

三浦さんの話てたいがい
「アメリカ(や米軍)は高度でテクニカルな判断をしている」
それを(私はわかってるけど教えないんで)みんなで考えて。
ですよね。著書には書いてあるのかな?

[5824] 軍事機密?  匿名 - 2017/01/26(Thu) 11:25
秘密と言えば、空自のご自慢の機種E767。早期警戒管制機AWACSですが、記憶で書くのですが、空自は機内の様子の写真の公表を極度に制限していて、新規導入当初の防衛庁謹製の御写真1枚だけが現在も使われている。この間、搭載コンピュータの更新もあって、機内の様子も一変しているはずなのだが、新しい写真が出て来ることは期待できない。

ところが此の機種の本家本元アメリカでは、元になった機種E3Bの公開に実に積極的で、過去にはNHK記者が同乗取材を許可され、その様子がクローズアップ現代で放送されたことすらある(’90年代半ば頃)ほか、横田や嘉手納のオープンハウスで機内見学が催されたりもする。
機内の設備は日米で共通だということなので、空自のこの規制ぶりは極端と言うほかないのだ。

[5823] 情報収集衛星  匿名 - 2017/01/26(Thu) 11:04
>災害対策に役立つ
国会であれだけ追及されても被災地を撮影した画像の提供にはガンとして応じない実績が既に確立されているというシロモノ。

GoogleEarthよりも精密な画像を撮影できてるかどうかも疑問ですが。

[5822] ここでもスパムが続いているようですが・・・  Teru - 2017/01/25(Wed) 19:51
防衛省の通信衛星、24日夕打ち上げ H2A32号機
岡村夏樹2017年1月22日17時18分
http://www.asahi.com/articles/ASK1M41FLK1MTIPE00B.html

2017.1.23 22:33更新
【教科書検定】
歴史教科書改善へ 政府の立場明記 「国家間賠償は解決済み」など追加
http://www.sankei.com/life/news/170123/lif1701230051-n1.html

JAXAとしての意思決定は明かすことなく、
「日の丸」で「純国産」なロケット軍事技術運用が公然と。
例の輸送機やら、空母の様に見える大型艦、「情報収集衛星」などでも、
表向き「災害対策に役立つ」といった煙幕を張ってきていましたが、
もうその必要もないと思われているのか・・・

そして、文科省・大学人事や教科書会社、地方教員採用といった、
教育絡みの「ルール上、芳しくはないが、慣習ではある」諸所が急に表ざたにされて、
ひょっとしたら年度替わりに、国策で一線を越えるストーリーが動いているのではと思いきや、
「自虐史観」打ち上げ以来の、上から「少国民」への注入な、大本命が迫っている模様・・・

今晩も各社政府広報に忙しいと見えて、
控訴も伝えられている地裁時点での、韓国における文学教授判決(地判で名誉棄損無罪)が目玉扱いに。
援護射撃役としての、特報扱い(産経webだと、地裁判決に黒枠使ってたり)・・・

[5819] 無題  Apeman - 2017/01/25(Wed) 15:09
Teru さん

>「動画」扱いして「大切なデータ使用料を使いたく無い。」とは。

これはさすがに意味不明ですね。いったいなんなんだろ。

ホドロフスキさん

>東芝を死に至らしめそうな原発も、航空機も経産省案件だけど

で、こういう“エライ人の不始末”って、ほんとバッシングされない
んですよねぇ。

ブログのコメント欄で pipisan から教えてもらったのですが、
http://www.nankinnoshinjitsu.com/blog/2017/01/post_7.html
『南京の真実』第3部官製のアナウンスが出ましたね。これで批判を
かわして時間稼ぎか……。

[5818] 無題  ホドロフスキ - 2017/01/22(Sun) 19:36
MRJ最大2年延期へ 「型式証明」取得に遅れ
>日米などでの就航に必要な「型式証明」の取得に向けた作業が遅れているためだ。MRJの延期は5度目となる。
http://www.yomiuri.co.jp/chubu/news/20170120-OYTNT50001.html

最初に報道していた読売の記事だと、純粋に「型式証明」作業のもたつきが原因で
それだったら+2年あればかなり余裕あるのかなと思ったけど。

MRJ納入、2020年前後に 5回目の延期
>関係者によると、安全性を高めるため、機体前方に集中していた飛行制御システムを前後に分散させることになった。
http://www.asahi.com/articles/ASK1N33ZWK1NOIPE003.html

こっちが原因だと試験飛行もままならなくなって2年延期も厳しい印象。

東芝を死に至らしめそうな原発も、航空機も経産省案件だけど
今その経産省を重用してるのが安倍政権という皮肉。
まぁ「成長戦略」を考える時に有り難い存在なんでしょうね。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |

No 削除キー

- COM BOARD -